ROE、PER、PBR

 

企業の株価を判定する上で、数値から企業を見るということも非常に有力になる場合があります。

 

以下3つの指標値ですが、全信頼を置いてはいけないものですが、投資を行う際の一つの視点にするということであれば、有力な情報になると思います。
 

  1. ROE(株主資本利益率)
  2. 1株当たり株主資本から、(1株当たり)どれだけの利益が出たのかということを示します。
    (式)ROE=1株当たり利益÷1株当たり株主資本

  3. PER(株価収益率)
  4. PERが低いほど、株価に比べて利益の割合が大きく、会社の利益に対して株価が割安であることを示します。
    (式)PER=株価÷1株当たり利益
    実際には「期待値」として活用する方が正しいようです。PERが大きい方が期待値が高く、低いものよりも、皆が期待していると判断することが出来ます。

  5. PBR(株価純資産倍率)
  6. PBRが低いほど、株価に比べて1株あたり株主資本の割合が大きいことを示し、PBRが低いほど割安であることを示します。
    (式)PBR=株価÷1株あたり株主資本

業種や企業の規模によって指標値の傾向が異なることもあるので、一企業だけをピックアップするのではなく、同業同規模企業との比較という観点も常に持ち合わせるようにしましょう。
 

 

 

株TOP
 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース