amazonのバチェラージャパン、amazonで起きている詐欺、amazonのバイト募集から見えてくること。

 
スポンサーリンク
 

不労所得マニアです。

 

最近のことですが、このブログに不労所得マニアおすすめのピザ焼き器広告を貼り付けたのですが、その時に楽天だけではなくてアマゾンの広告も!!

 

と思って、アマゾンの広告を入手して貼り付けたところ、アマゾン広告に表示されている金額が異常に安いことに気がつきました。

 

それで確認したところ、、、かなり怪しい商品広告であることが分かりました。

 

これは、今まさに問題になっていて、アマゾンで発生しているAmazonマーケットプレイス詐欺であると疑われます。

 

この詐欺の犯人は、出品者のAmazonアカウントの乗っ取りをして、入金される銀行口座だけを自分が用意したものに変更して、お金を盗んでいるとのことです。

 

アマゾンサイトに、このようなリスクが潜んでいること自体、非常に問題があると思います。

 

アマゾンの対応も遅すぎますね。まだ対応が出来ていないようです。

 

よって、アマゾン広告は貼らないことにしました。

 

考えてみれば、最近紹介したバチェラー・ジャパンという番組も不労所得マニアは番組企画と、このマーケティング思想がかなり不誠実なものであると感じていました。

 

これは、特に結婚できないアラフォー・アラフィフ女性の弱みと望みを非常によく分析しているように感じます。

 

そして、この先にはさらに結婚が困難にな状況へ導くと思います。

 

バチェラー(独身男性)についても、売名行為もかねて出演しているということがかなり疑われます。

 

 

これも、アマゾン。

 

それから、アマゾンはバイトで募集をかけて、お客様からのサポートを充実させようとしているようですが、これを在宅勤務でやり始めているようです。

 

って、ことは隣の住人がアマゾンのバイトしていたら、隣の部屋に個人情報が流れているってことになりますよね。

 

これ、なんか気持ち悪くないですか?

 

私は気持ち悪さを感じましたね。

 

こういうものはサポートセンターでちゃんと管理して行いなさいよって思ってしまいます。

 

特にお客様情報に直接触れるような場所を個人の自宅にするのって、どういう感覚なんだろうって感じますね。

 

効率を追い求め過ぎているように、私には感じます。

 

アマゾンには負のパワーを最近感じることが多くなりました。

 

外資系ということで、サービスに対する考え方も違うのかもしれません。

 

以前、ツイッター社の米国人とやり取りした時も、商売感覚を全く感じませんでしたし、ここの所、話題になった米国航空会社のマナーの悪さについても同様で、日本人にはちょっと考えられない対応です。

 

地球上で最もお客様を大切にする企業という理念がアマゾンにはあるようですが、やっていることが全く正反対に感じます。

 

アマゾンのバチェラージャパン、アマゾンで発生している詐欺、サービス提供と個人情報の取り扱いに関する不自然さ。

これら全て今のアマゾンの本質を表しているように感じます。

 

アマゾンで発生している詐欺について言えば、金額が安すぎるという形でシグナルを発していますが、この手口を変えて、金額も妥当なものにされたら、本当に見分けにくい。

 

しっかりとした対応がされるまでは、利用を控えた方がよさそうです。

 
関連DB:婚活情報データーベース
関連DB:美容エステのデーターベース(男女)
関連DB:婚活情報データーベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!