IQを一気に上げる方法

 
スポンサーリンク
 

 

さて、今回はIQを一気に上げる方法について書きたいと思います。

 

もちろんオーソドックスな方法についてです(笑)。

 

あ、前回のライティングスキルに関する記事を読まれていない場合は、今回の記事の前に是非こちらを読んで頂きたいです!!

 

で、読まれたことを前提として、根本的にライティングスキルをどうしても上げたいということであれば、どうするべきか??

 

この点について書きたいと思います。

 

もちろん、沢山読んで沢山書くということも大切なのですが、前回も書いたように、これはどちらかというと技術的なライティングスキル向上に繋がります。

 

根本的に書いているクオリティレベルを上げたい。

 

書いている対象となる世界観や視点を全く別の次元のものに持ち上げたいということであれば、同じIQで何度書いてもあまり役には立たないと思います。

 

では、どうするべきでしょうか。

 

結論としては、高い視点から書かれた美しい文章をゆっくりと読み込むべきなのです。

 

ここで重要な点は「高い視点から書かれた」ものでなければ意味がないということです。

 

今流行り?の言葉で言えば「抽象度」が高い文章をゆっくりと着実に読み込むことが必要になります。

 

どのような本がよいか?

 

この点に関して、世界には数多くこのような本が存在しているので、個人的な提示になりますが、例えば「聖書」。

 

聖書が個人的には、どんな人にでもオススメできますが、その他、経済に興味のある人にはマルクス「資本論」。哲学に興味のある人にはヘーゲル「精神現象学」などがオススメですね。

 

人類の知性を振り切ったマルクスやヘーゲルの著書は抜群に効果大です。

 

私の周りでも人気が高かった書物となりますが、一方で、マルクスやヘーゲルはかなり難解ですので、私は、聖書をオススメします。

 

聖書について、どのような人でも読み始められるものですが、聖書が描く宇宙は深淵で、人類とその周りの歴史全体が網羅されています。

 

因みに英語が読める人は英語版聖書の方がより良いと思います。

 

英語の方がより抽象レベルが高くなり、そしてその分だけ美しい世界が描かれていると個人的にはそう思っています。

 

聖書に関する基礎知識がない人は、解説書のような簡単に説明されている書物を一冊購入した方がよいと思います。

 

それから、聖書を読み込んでいくときに速読は絶対にダメです!!!

 

一つの事に関して注目して色々な角度から、その事に関して同時に複数の考えを呼び起こせて展開できること。これが並列脳の鍛え方です。

 

ゆっくりと味わいながら読み込む必要があるのです。

 

関西の名門、灘中学ではたった一冊の本を3年間かけて読み込むという授業をしていた伝説の国語教師がいたことで有名です。

 

そして、この教え子には東大総長をはじめとして各界の代表的な人物が勢ぞろい。

 

今流行りの速読とは真逆の方法となります。

 

ゆっくりと一つの事をあらゆる角度から切り拓いていくことで抽象度高い世界をリアルに感じることができるようになるのです。

 

以上、IQを一気に上げる方法でした。

 

一気に上がらないのでは??と思った人もいると思いますが、実際、一気に上がります。慣れないとすぐに下がりますがね。

 

短い時間でも継続することで、その上がった状態の頭脳をいつでも使えるようになるのです。

そして、この状態で見る世界を言葉に置き換え始めたとき、大きな変化を感じるはずです。

 

(後追記)
クリスチャン家庭で、小さなころから聖書を自然に読んでいたような子供が、その後に勉強が出来るようになるのは、IQが高いためです。だから、そういった子が勉強を始めれば一気に勉強が出来るようになります。

小さなお子様をお持ちの方は、是非参考にしてくださいね。小学生までにスラスラと自在に言葉を操ることが出来て、書くことも自由自在に出来るような子供であれば、それは学力面で苦労するなんてことはないと思います。
 

 

<人生向上のための教材>
生活改善、生活向上のための教材を集めています。

 

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!