社会の慣習から逃れることが出来ないと思い込んでいる人々、社会的プライドの維持に心が支配されている人々。

そういう人との接点は選ぶこと。限定すること。

彼らは恐怖と不安の中で、他者を見て他者を見下して安心を得ようとする存在。

そもそも何も与えることが出来ない状態にある。

資本の効率化・最適化が進んでいる場所ほど快適な接点となる。