天使への道。

その道を歩きたいという思いから始まる人は少ない。

多くが、そうせざるを得ないところから始まる。

その心には光があるけれども、闇がその人の周囲を覆っている。

闇の存在を察知できない場合、光に向かい続けること。