前世を捉えた後、接する人や接する情報を再整理すること。

これを明確に意識して行うこと。

それが新しい世界への扉。