物への執着、金銭への執着。

この執着が人を盲目にさせた時、断絶が始まる。

全てが神とあなたの手の内にあることを知ること。

懐疑を生む事象は全て執着心を表現している。

実際に持っていても、持っていなくても、執着と不足が同様に存在することを知っておくこと。

執着という点では同じ属性が集うことになる。

その属性を超えて、さらに超えて、際限のない喜びを体感すること。