絶対に確実なことは一つもない。

人はいつでも確実だと思ってしまいやすいけれども、本当はそんなことは何一つない。

本当はそこに条件や常識があったり、ルールが設けられていたりする。

つまり、確実だと感じている心は世界から閉ざされてしまう。

願いに寄せた心に世界が拓かれていく。