感謝の分量、感謝の細かさ。

これが人を分けている。

器の大きさに違いが出るということ。

大器な存在ほど細かくなりがちだけれども、そこを超えた領域がある。

超えること!