やろうとしていた事が出来なかった日。

そういう日でも心を安定させ、今日も最高の日だったと考えるようにすること。

なぜなら、本当は最高の日しかないからだ。

全ての結果が最高であり最良だということ。

どんなことがあっても。