本当に喜びを感じたなら、そこに間違いはない。

間違っているかもしれないと考えることが間違い。

喜びの他に不快感や違和感があるなら、そこに目を向けること。

不快感、違和感を無視し、これこそが本当の喜びはだと自分に嘘を付いてはいけない。

偽れば全てを受け取れない。