神の使者はいつでも出現している。

日常のこと。

けれども、はじめから神の使者を追い求めてばかりいるようでは失うばかりになる。

「今」の奇跡に目を向けるように。