前世を捉えることについて制限を設けないこと。

前々世、前世からの課題が分かれば、今世にて次々に起こる問題はシンプルに捉えることが出来る。

今世だけ、目に見える世界だけに制限して生きていると窮屈になり苦しくなる。

発想も近視眼的になる。

前世について制限だけを外しておくこと。

そうすれば、その記憶は突如として出現するはず。

前世のことより今世!といった考えは制限になり得る。

それから、もちろん自分で思い出すこと!

制限を入れなければ勝手に思い出す。

育つ過程で制限が入っているだけ。