全て与えられている。

本当は全てを与えられている。

不足感の底には不安と恐怖がある。

ただそれだけのこと。

それらは真我の外にある。

肉体が全てと考えているなら受け入れがたい事だろう。