SEO 更新頻度をどう考えるべきか?

 
スポンサーリンク
 

 

不労所得マニアです。

 

今回は、サイトやブログの更新頻度が検索順位にどの程度影響を与えるのか?という話題について書きたいと思います。

 

SEOの観点から、サイトの更新頻度に対する見解は真二つに分かれているようです。

 

検索順位に更新頻度は全く関係がない!!という主張をする人がいる一方で、更新を保った方がよいと考える人たちもいます。

 

この点に関する不労所得マニアの見解は、更新頻度と検索順位は関係がある!!というものです。

 

たとえば、全く同じクオリティのコンテンツが2つあったとして、その他もろもろの条件も完全に同質であった場合、更新されている方が検索順位は高くなると思います。

 

実際に、サイトの更新頻度という尺度以外をすべて完全に同質にするということにトライしてテストしたことはないのですが、サイトを更新することで一時的に検索順位に良好な影響が出ていることは、不労所得マニアも何度も確認しています。

 

コンテンツクオリティが変わらなければ、順位は戻りますが、更新頻度の検索順位への影響有り無しという観点で言えば、あり!!と言い切ることが出来ます。

 

また、この影響は月に1度しか更新していないようなサイトの方が顕著に表れる傾向があります。

 

さらに、この月に1度の更新でサイトの多くの部分を更新するような場合に、特に顕著に表れる傾向があるようです。

 

コンテンツクオリティに改善がされないのであれば、結局は元通りの順位になるということから考えて、コンテンツの質を上げたり、記事をより改善したりしながら、コンテンツクオリティを上げながら、更新するという姿勢がSEOの観点からは望ましい対応と言えます。

 

さらに言えば、一時的にでも検索順位が上がるという検索エンジン特性を利用して、一気に更新するのではなく、毎日継続的に更新をした方が、人の目にサイトが止まりやすく、新たな訪問者を獲得しやすいという事が言えます。

 

ですので、よくアドセンスサイトの塾などで、一日一記事追加しよう!!なんてことを言っている人がいますが、SEOの点からも、これは理にかなった対応方針だと言えます。

 

良質な記事へのブラッシュアップ更新 & 日々の更新はSEO対策としても非常に有効ですので、この点を踏まえて記事メンテナンス、記事追加をしていきましょう!

 

(後追記)

記事の質は高いけど、人がまだあまり訪問していないサイトは、訪問者の動向を反映する検索エンジンが評価を少しずつ上げていくことになると思います。

だから、品質の高いサイトは実はあまり何もしなくても継続的に訪問者が増加していきます。

その上で、記事メンテナンスをすると、より良いコンテンツ品質になり、さらに訪問者が増え、検索エンジンもさらに評価するということですね。

 

 

その他、アクセスアップにつながるSEO対策について、以下にまとめています!!
SEO研究
この記事の中には、他ではあまり語られていない貴重な情報が何気なく転がっています★

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!