SEO対策としての記事数。それ以外に絶対に欠かせない視点について。

 
スポンサーリンク
 

 

一つ気になる質問が来たので、久しぶりにSEO対策に関する記事になります。

 

その質問内容を要約すると・・・

 

記事数は300記事を超えたのですが、なかなか、アクセスが集まらなくて困っています。どうすればよいですか?マニアさんは、アフィリエイトサイトを作っていて、こういうことはありましたか?

 

とのことです。

 

この回答ですが・・・、これ、私も悩んだ時期がありますよ!

 

アフィリエイトを徹底的に意識した記事を書いていれば、300記事もあれば十分だと思いますが、そうではない記事を書いていたら、300記事でも思った通りにアクセスは集まらないと思います!

 

この認識です!!

 

因みに、マニアが所有するサイトではアフィリを意識したものばかりの記事であれば100記事でもアクセスは集まり始めるという結果になっていますね。

 

おそらく、300記事を書いてもアクセスが集まらないっていうのは目的と、書いている記事が全く合っていないのだと思います。

 

簡単に言ってしまえば、ワードを拾えていないということになると思います。

 

キーワードを意識出来ていないということですね。

 

このキーワードを意識する必要があるのですが、一歩先行く不労所得マニアはこの視点だけでも、もうダメな時代に入りつつあると思っていますよ!!

 

うん。これ、今は本当に大切かもしれません。

 

それは、どういうことかと言えば、多くのアフィリエイターたちがグーグルのキーワードプランナーや検索エンジンのワード候補を利用してSEO対策が進んだ結果、隙間産業的なワード狙いも飽和するのは時間の問題だからです。

 

因みに、ツールを利用して競合が少ないワード、空きワードを一瞬で検索して、そのキーワード狙いをしている人たちも増加しつつあります。

 

これは、バナナデスクさんの高額塾でも行われているのは間違いありません。

 

塾のオファーに、このツールが公開されていましたからね~。

スポンサーリンク



 

それでは、次のレベルに進んでおかなければダメだと思います。

 

次のレベルって何よ!という話ですが、不労所得マニアは主に『名詞』の組み合わせにあると思っています。

 

特に、キーワードを意識していない上に300記事書いてもアクセスが集まらない人のブログの特徴は、名詞の数が少なすぎる!という点です。

 

ワードの種類が少なすぎるのです。

 

記事数や文字数はあっても、構成するワードのバリエーションに偏りがありすぎていて、色々なワードでの検索エンジン集客が全く出来ていない状態になっていることが多いと私は思っています。

 

ですので、似たような悩みを抱えている人は、この視点でSEO対策に弱さが無いかをチェックしてみてください。

 

よく見受けられるパターンは、自分の内面のことや社会について思う事など綴っているようなブログで名詞のバリエーションが極端に少ないものがあります。

 

アクセスが集まっていない大量の記事を保有されている方は、記事メンテナンスの際に別の名詞に置き換えられないか、別のワードを利用して表現出来ないかを点検しながら改善していくとアクセスが集まってくると思います。

 

記事を誠実に更新し続けてきた人ほど、この点を見直して欲しいと思います!

 

実は、外注記事ほどワードを色々と集めて別の言い方などをして文字数を確保するようなものが多く、内容低品質かつワードが多い記事に、誠実な人たちが負けてしまいやすいようです!

 

長期的に見れば、ワードのバリエーションが少なくとも内容についても精度高くサイト評価される時代になるのでしょうが、現状はまだそこまで綺麗に判定が出来ているわけではありませんね。

 

大量に記事を持っているのであれば、検索エンジンのワード候補ばかりに気を取られ過ぎずに、色々な独自バリエーションを保有しておくことで長期的に安定したSEO対策につながると思います。

 

独自の記事、独自のワードバリエーション、独自の表現。

 

誰にも真似の出来ない一歩先行くSEO対策になるはずです!

 

以上、参考になれば幸いです。

その他、参考になる動画。

(後追記)
記事の中身がそもそも役に立っているのかという点も、見直しが必要です。最近、外注ライターさんが量産されているためか、非常に低品質で価値提供力の薄い記事を多数見かけます。

 

それは、一見するとキレイな文章になっていますが、「価値」を感じないものです。例えば、節約を考えている人、お金を貯めたいと思っている人に、極めて無駄で時間だけを使う非現実的な節約術などの情報です。

実際にそれをやっていないでしょうという内容のものですね。

 

記事のコンテンツボリュームだけに目がいってしまうと、こういった結果になります。こういった記事は長期的にマイナスになっていくはずです。

 

(後追記2)
コツコツと記事を追加したり更新したりして対応を続けていくことが、より大事になってきています。冷静に考えればグーグル側も、少しずつ継続的に検索順位決定ロジックの更新を行う方が合理的です。

広告主視点でアドセンス広告の効果を見極めることはグーグルにとっても必須事項なはず。だから、時間経過とともにロジック更新は小刻みになり、効果測定は長期化していき、検索順位の変動も短期的に大きなものは起こりにくくなっていくはずです。

 

関連記事:資産運用大全
関連記事:節約大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース
関連DB:カードのデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!