テクニカル分析 RSI

 
スポンサーリンク
 

RSIは、過去の一定期間内における変動幅に注目して、その変動の中で上昇分がどれだけ存在するのかを示す指標となります。

 

この指標値を用いて、今現在、上昇局面にあるのか、下降局面にあるのかを判断することができます。

 

RSIは、50%を中心値として0~100%の範囲で推移しますが、上昇局面ではRSIが50%以上で推移し、下降局面では50%以下で推移します。

 

また、80%以上であれば買われ過ぎと判断したり、逆に、20%以下であれば、売られ過ぎと判断するなど、相場が過熱しすぎていたり、悲観的になり過ぎていることを判断する指標値としても利用されます。

 

また、買われ過ぎ、売られ過ぎの状態から、正常な状態へと戻ろうとしているかどうかをチェックするためにも利用されています。

 

期間指定を色々と変えて、チェックする人も多いようです。

 

私個人としては、チェックするときにチャートをしっかりと捉えている期間に固定した方がよいと思っています。

 

これは、売買スタイルによって正しさが異なりますので、どれが完全に正しいということはありません。

 

月足チャートをメインに見る人もいれば、10分足などを中心にして何度も長期トレンドを見るために、日足や週足、月足をチェックする人もいるというわけです。

 

このような細かい点については、テクニカル指標をどのような観点で利用しているのかによっても、異なってきますので、完全にどれが正しいということは無いと思いますが、少なくとも、自分で納得できる利用方法を実践の中で見極めていくことが大切だと思います。
 

【関連情報】

 ロンが選別した株で確実に勝つための優良情報
 株式投資情報データーベース

 

 
スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用

初心者向けアフィリエイト無料基礎講座

SEO研究

ツールリスト

株式投資の無料基礎講座

システムトレードの無料基礎講座

日常の不労所得

防犯対策

接客マナー教育
 

不労所得データーベース

不動産投資DB、節電DB
不動産投資と節電で不労所得

株式投資DB
株式投資

不労所得型クレカDB
カードで節約、不労所得生活

保険の見直しDB
保険の見直しデーターベース

婚活・出会い・結婚DB
本気の婚活

自己投資(学ぶ編)DB
留学と通信制高校の情報

ダイエット教材DB
美容・脱毛(男女)DB
格安航空券DB
家賃節約DB
お金を借りる方法DB
株主優待DB

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!