21世紀の日本

 
スポンサーリンク
 

 

先に書いた「日経平均予想」の点から、これから先の21世紀に向けてやらなくてはいけないこと、考慮しなければいけないことは気がつかれているかもしれませんが、以下このあたりについて整理しておきます。

 

日経平均株価、およびドル円相場ともに今は誰もが思いもしないような領域に突入していくという予想を元に、これから日本人はどのようなことを考慮する必要があるのか?この点について書いておきたいと思います。

 

円安が進めば、貨幣価値が目減りすることはご理解頂けると思いますが、そういう方向に既に進んでおり、先に書いた日経平均予想の通りに推移した場合、資産運用について考えておかないと非常に大きな損をすることになります。

 

資産を持っている人と持っていない人との格差が非常に大きくなっていくということも当然、予想されます。

 

現金保有割合が多く、かつ、その他資産を持っていない人はますます実質財産が目減りし、逆に資産を色々な形でうまく保有している人は、目減り分の影響を受けにくく、さらに資産を増加させるチャンスが生じている状況になっています。

 

このようなことから、我々日本人は日本らしい平和な文化を保つため、一致団結して社会保障の充実に今以上に取り組んでいく必要が出てくると思います。

 

仮にそのようなことがなく、貧富の差が極端に激しい社会に日本が突入した場合、社会が不安定になり、住みにくい国に変貌していくことが予想されます。

 

日経平均を予想することは、社会の行方を予想することにもつながります。

 

この日経平均予想に少しでも影響を受けて、今の生活、未来の生活、今とるべき選択について考える日本人が多く出てくれば、このような人たちの言葉が伝播して、日本をより良い道へと変えていく大きな力になるかもしれないと、少しだけ期待しつつ、今後も日経平均を追っていきます。
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!