1億円の家って・・・。10億円で理想の家を手に入れよう!

 
スポンサーリンク
 

 

自分の家、一戸建てを建てたい!と思い立って、それで住宅サイトをチェックして気が付くこと。

 

高い!!

 

そして、物件によって値段が大きく違う!

 

1億円レベルの家なんかは、やっぱり見た感じスゴイ!って思いましたね。

 

でも、細かくみていくと自分の好みではなかったり、色々な不足を感じたりする点も出てきます。

 

1億円って、こんな感じなんやー。

 

ということは、私、不労所得マニアが望むような家はおいくら位するんやろ?

 

ざっくり、10億はやっぱし必要になっちゃうのかしらね。

 

10億円の家ってスゴイですよね。

 

固定資産税、どんだけ取られるんでしょうねぇ。

 

年、1400万円くらいだそうです。

 

諸制度あると思うので違いはそれぞれにあると思いますが、ざっくりとそんな感じみたいです。

 

これを小銭感覚で払えるようにならないといけないという話です。

 

10億の家に住むって、完全にもう一般人ではないですね。

 

エリート商社サラリーマンの年収くらいを小銭で払うって話ですからねぇ。

 

あ、因みにですね、1億円の家であれば固定資産税は年間140万円。

 

つまり、月に11万円以上支払いが固定資産税だけで必要になるということですね。

 

これも富裕層領域ですよね。

 

一般ではない。固定資産税だけですからねぇ。

 

でも、この場合も実際の家を見ると、そんなに羨ましい感じの家ではないものが多いです。

 

なんかツライですね。一般的にお金持ちと位置付けられている層も。

 

因みにですね、3000万円の家だとすると、42万円。

 

毎月3万円を超える固定資産税ですね。これ本当なのかなぁ。

 

だって、毎月の家賃を払うよりは安い~なんて言ってですよ、家を買ってしまった方が良いとか言っている人が結構いますよね。

 

固定資産税と金利を合わせたら、あれ?もしかしてイマイチじゃない?

 

3000万円の30年ローン。金利なしで考えても、毎年100万円。

 

月に8万円は払いますよね。

 

そこに固定資産税を乗せて10万円。

 

さらに金利分で1万円上乗せしたとすると11万円。

 

そこに上乗せがまだあって、分譲マンションの管理費とか共益費。これも分譲は高いですからねぇ。

 

色々壊れたら自分で負担しないといけないですし、控除とか付くのかもしれないけど、うーん。

 

やっぱり、満足する一戸建てを、どーん!!とデッカく買ってですよ、固定資産税とか余裕な感じの領域にいかないと、消耗戦が待ってるだけの気がします。

 

この領域に達していないうちは、賃貸で良いかなーって思います。

 

もっとお安く自分の満足できる一戸建てを得ることが出来れば良いですけどねぇ。

 

もし、自分の力だけで一戸建て10億円の家に住むことを目標にするなら、サラリーマンではほぼ不可能ですね。

 

それに、仮にそれを実現できたとして、本当に効率が良いのかなというのもありますね。

 

常に新しい感じの空間で過ごしたいなら、ホテル暮らしって選択がやっぱり出てきますね。

 

このデメリットはプライベート空間に不足を感じることくらいでしょうか。

 

そうであれば、億ションを購入して半分はホテルに泊まるってことをするのが一番良いのかもしれませんねぇ。

 

この生活を想像すると確かに効率は良いんですが、「ゆとり」という点では10億円の一戸建て住宅と同等のものは期待できないという印象。

 

であれば、望むところはやっぱり10億一戸建てでしょうかね。

 

それで株で10億円くらい持っていれば配当金で固定資産税と電気代とかは余裕でしょう。

 

ですが、それだけだと不安ですからねぇ、そこからあと30億くらいあれば安心では。

 

ざっと全部で50億くらいですかね。

 

50億を稼ぐには、1億円のものを2億で販売、これを50回。10000円のものを20000円で販売、これを50万回。1000円のものを2000円で販売、これを500万回。

 

個人で借金もせずに一から始めるとすると、やっぱり1000円スタートですかねぇ。

 

仮に1日10件の受注で年間3650件。これを1000年位やらないとだめですかぁ。。。

 

ってことは1日100件なら年間36500件、100年位ですか。

 

ってことは1日1000件なら年間365000件、10年位です。

 

1000円の利益を1日1000件。

 

ネットで可能?

 

30日で30000件ですからねぇ、何かしらの独占的な販売権がないと個人では厳しい。

 

つまりアフィリエイトとか、転売だけでは継続は厳しい。

 

もちろん、一時的にこのペースに達することは可能性としてはあると思います。

 

でもやっぱり、『メーカー』としての役割を持たないと継続は厳しいと思います!

 

そのためには、どんなところに狙いを定めるべきか。

 

この点をしっかりとおさえた戦略を練りたいですね。

 

こう考えると純粋な「転売」だけは厳しいことが分かると思います。

 

利益率の点や市場規模の点から言ってもね。

 

やはり、価値を上乗せしたり、創り出すことが必要になってくると思います。

 

それで、個人が匿名でも使えるネット媒体として、ヤフオク・メルカリ・ラクマの匿名配送の話題にまたつながったりします。

 

スポンサーリンク


 

実際に1日1000件を匿名配送とかしちゃうとどうなるんでしょうね。

 

これはもう別対応をお願いされるかもしれませんね。100件とかでも厳しいのでは。

 

郵便局員さんの負荷が滅茶苦茶上がりますよね。

 

だから、途中から高額商品を混ぜて単価を切り上げたり、アマゾンFBAなどを利用する仕組みを考えたり、そもそも個人ではなくて事業化して人を雇うことを考える必要が出てきますね。

 

だから、とりあえずは1日20~30件程度の受注を個人でさばけるようにして、そこからですね~。

 

まずは単価の高い商品を取り扱ってみて、月間で200~300万円の利益を確保。

 

でも実際には1日100件はさばける気がしない。匿名配送だと物理的にそれだけで2時間程度はかかりそう。

 

郵便局内での作業だけでね。

 

それ以外の梱包作業や商品チェックも含めると4時間程度は少なくともかかるんじゃ。。。

 

だから、やっぱり1日20~30件程度が個人だけなら限界かも。

 

このあたりから、効率化とかまとめ売りとか、個人で出来ることでまずは取り扱い金額を拡大したとして、どの程度までいくかですね~。

 

それも限界になったら、組織化をついには考える必要が出て来そうです。

 

それが月間200~300万円の利益を確保している状態になるんじゃないでしょうかね。

 

それくらいになっていれば、組織化した後のスタートもスムーズにいきそうだ。

 

住みたい家から落とし込んでいくとこういう感じです。だいぶ話が飛びましたね。

 

ですが、こういった現実的な計算ってサラリーマンの99%くらい人がやらないと思います。

 

いつもする必要はなくて、計算したことで得られる利益計算感覚が大切だと思います

 

だから、計算後はその感覚を土台に取り扱い金額の拡大を目標にした方がシンプルで動きやすいと思います。

 

現実的な計算頭脳を保ったまま、家の話にもどして、、

 

そういえば、渋谷区富ケ谷1000平方メールを超える土地建物セットでおいくらかと言えば、どんぶり勘定ですが50億くらいはしそうですね。

 

日本国の総理大臣、安倍家の富ヶ谷宅が仮に50億円としましょう。

 

そうなると、固定資産税は年間で7000万円くらいですかぁ。

 

こりゃあ、たまげた金額ですよ。これが小銭感覚でなければいけないわけです。

 

とすると、株で50億くらいは持っておきたいですよね。

 

そうすると、これとは別にもう50億くらいないと不安になる。

 

よって、たぶん合わせて150~200億くらいはですね、少なくともありますよ。たぶん。

 

それから、他の色々のものを合算すると、おそらく表面上の資産だけで最低でも300億円程度はあるかと。

 

ここに表にはなかなか出せないものを合算すると1000~2000億程度。

 

これが不労所得マニアの予想数値です。

 

リアルなお金の視点、これは今の日本を考える上での大切なポイントです。

 

一般から感覚がズレまくってるのは当たり前なんですよね。

 

不労所得マニアとしては感覚がズレること自体は問題ないと思っています。

 

問題なことはそこではなく、「全体最適が分からなくなること」です。

 

感覚がゆるゆる、そしてガバガバになって馬鹿になったまま、人のためになることを考えることですね。

 

このケースでは自身も含めて全方位にとってマイナスにしかならないことを自覚して頂く必要があります。

 

生れつき二階から目薬しか選択の無い人よりも期待できないわけです。

 

だから結果として全てにおいて、どこか大きくズレるわけです。

 

この馬鹿になった感覚の話は、金を持っている側だけでなく庶民の側にも数字での計算をしないというところから逆に適用出来る気がします。

 

そこを突かれているから、サラリーマンで病気がちになり、いつも不平と不満そして他人の批判、ようやく定年という頃に発ガンというシナリオが描かれているのかもしれませんよ。

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!