風水師になるには


8千年風水
 

「風水師になるためには、どのようなことをすればよいのですか?」

 

私が何度もこれまで受けてきた質問の一つになります。

 

風水師に私もなりたい。いったい何をどうやって勉強したらよいのでしょう。

 

毎回、こういった思いが伝わってきます。

 

そもそも風水師とは、一体どのような人を指すのでしょうか。

 

私自身、風水師ではあるのですが、これは学校のように受験があって選抜されて、合格して学校に通って資格を取ったというものではありません。

 

ですので、このような回答を求められても本当に答えることが出来ないのです。

 

では私自身はどのようにして風水師になったかということについてですが、それは、明確な霊界での交信によって現実世界の人との出会いが生じたことによるものです。

 

つまり、私と私の師匠との出会いは、霊的な出会いが初めだったのです。

 

私が書いている意味がよく分からないかもしれませんが、実際に物理的に出会ったことがきっかけではなく、魂が交信したことがきっかけです。

 

そして、その人に私が会いに行ったのです。

 

つまり、通常の人にはちょっと考えられない出会いだと思いますが、実は私が学んだ一系風水は、このような出会いで伝承が続いている真正風水です。

 

商業的なものではありません。

 

風水師になるには、高潔であるということが最も大切です。

何をもって風水師なのかと言われれば、それは何よりも自然で高潔で誠実。

これが無ければ霊的な面での交信が発生することもありえません。

 

私のように一系風水で学んだ者だけが高潔であるなんてことは、もちろんありません。

 

それぞれの位置で、自然で高潔で誠実に行動出来ているか。

 

これが最も大切なことです。
 

北条 理弥子

 

<人生向上のための教材>
生活改善、生活向上のための教材を集めています。

 

【関連記事】
 ・風水を極めた者に与えられる力とは
 ・風水師こそ女性

 
【TOP】
 ・風水 HOME
 

 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連記事:具体的に不労所得を獲得する方法
関連記事:不労所得コンテンツの人気ランキング