風水の視点から疲れの取り方

 
スポンサーリンク
 


8千年風水
 

風水の観点から、疲労をすばやく取る方法について書きたいと思います。

 

その方法とはどのようなものでしょうか。

 

風水の3大原則は「風」・「水」・「願望」になります。

 

この点から考えて疲れとは一体何なのでしょうか。

 

それは、風と水をうまく取り入れることの出来ない合図になります。

 

風とはすなわちこの場合においては、呼吸活動により取り入れる空気のことであり、水とはすなわち飲料水のことになります。

 

この場合において、人間の願望は減退しつつ、願望は自分の身体を休めようという方向に自然と変化します。

 

ただ、現代人においてはこの自然の作用がうまく働かなくなり、無理な身体の使い方をしてしまう場合が多くなっているようです。

 

それは慢性的な心身の異常へとつながっていきます。

 

働いた後、人間も当然休むということが必要になります。

 

この休息をどのように取れば良いかといえば、第一に常に働いている部分を休めることにあります。

 

それは特に消化器などの臓器です。つまり断食をお勧めします。

 

休日の全てを断食に当てるというのは日常生活の上では難しいことになることが多いと思います。

 

ですので、常に3食を取っている人が、疲れを特に疲労を取りたいときは1食にして過ごすということが効果的です。

 

それから水の流れを自然に戻す必要があります。

 

お茶でもジュースでもなく、ただの水を身体に少しずつ流すようにしてください。

 

疲れを取りたいときはアルコールを避ける必要があります。

 

多量の飲酒は肉体的疲労をさらに増加させます。

 

ただし、少量のアルコールは精神的な面での効用があることは事実です。

 

ただ、特に疲労が取りたいときにはこれも避ける必要があります。

 

それから可能であれば、良い空気を吸いに行くことです。

 

身体は清らかな空気を吸うと喜びます。

 

大都会などでいつも生活をする人には難しいことになりますが、たまには自然に向かい、深呼吸をしてゆったりと寛ぐ時間を設けましょう。

 

さて、それから一歩進んで身体の水を入れ替えることによって、疲労を除去することも非常に効果的です。

 

それはサウナやお風呂を利用するのが良いでしょう。

 

水分を取りながらサウナに入り、身体の水を入れ替えます。

 

そのようにすると少々疲労を感じますが、その後はゆっくりと深く睡眠を取ることが出来ます。

 

また、身体を深く温めることによって、消化器などの臓器だけでなく他の使いすぎていた部位の周辺の水も効果的に入れ替えることが可能です。

 

非常に疲労回復効果が高く、週に一度、月に一度など定期的にサウナを取り入れることをお勧めします。

 

北条 理弥子

 

<人生向上のための教材>
生活改善、生活向上のための教材を集めています。

 


 

【関連記事】
人間という環境について風水の見解は・・
日常生活としての風水_睡眠
風水における3つの理

 
【TOP】
 ・風水 HOME
 

 

関連記事:資産運用大全
関連記事:具体的に不労所得を獲得する方法
関連記事:不労所得コンテンツの人気ランキング

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!