風水における三つの理

 
スポンサーリンク
 


8千年風水
 

これまでの記事を全て読んで頂けた方には想像が出来ると思いますが、純粋風水にとっての三つの理とは、すなわち「風」・「水」・「願望」となります。

 

それらが日常の環境を作っています。

 

どこに行っても、それは変わりありません。

 

日常生活において環境が悪くなったと感じたり、逆に環境が良くなったと感じたりすることがあるでしょう。

 

それは、「風」・「水」・「願望」をどれだけ整えて生活し仕事が出来ているかという点についての差異を感じる場面となります。

 

人間は本来自然に感じていることですが、この部分が根本的に異なった生活を送ることになる場合に、環境が悪くなった、逆に良くなったと感じるわけです。

 

そういった理由から同じ環境・同じ職場には、同じレベルの願望を持っている人たちが多く存在します。

 

そしてその人たちによって、その環境における常識が作られていきます。

 

その常識に合わないと感じる人はどのような理由からであれその環境から離れることになります。

 

小手先だらけの商業風水が今の世の中に氾濫していることは残念でなりませんが、ここに来た方々には本来の風水からそれらは大きく外れたものである場合が多いということに対する意識が生じれば幸いだと思います。

 

「風」・「水」・「願望」、これらを意識して生活をすることが出来れば、生活は劇的に変化します。

 

是非とも日常生活をこの観点からチェックしてみてください。

 

きっと改善すべき点が沢山見つかるはずです。

 

北条 理弥子
 


 

【関連記事】
 ・人間という環境について風水の見解は・・
 ・真正風水~疲れの取り方~

 
【TOP】
 ・風水 HOME
 

 

関連記事:資産運用大全
関連記事:具体的に不労所得を獲得する方法
関連記事:不労所得コンテンツの人気ランキング

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!