金なし、コネなし、学歴なし。どうすればいいのか?

金なしコネなし学歴なし
金なし、コネなし、学歴なし。その上、自慢できるところもなし。

 

どうすればいいのか?

 

まず少しだけ整理しますが、この社会はお金ある人に超有利にできています。

 

資本主義社会ですから、まぁ当然です。

 

それから人はコネで動きます。コネがあれば何とかなることはかなり多いです。

 

いわゆる人脈というやつですね。

 

それから、学歴。

 

学歴社会という言葉があることからも分かりますが、学歴がある方が格段に有利です。

 

そうでないなら、学歴社会の意味がないですからね。

 

これらの3つともない。その上、際立った特徴もない!そこのあなた!

 

おめでとうございます!

 

なぜなら、意外に有利な立ち位置にいるからです!ホントです。

 

なぜか?

 

たとえば、学歴の実際をよく考えてください。

 

日本の学歴の頂点には東京大学と京都大学があります。

 

その他、一流大学になると一気に数が多くなります。

 

それだけ人数が多いということです。

 

でも「一流」だから、それでも人数が少ないはずですが、意外にそうでもないです。

 

有名私立大学も結構沢山あり、「一流」だらけです。

 

まぁ、つまりブランディングされてるってことです。

 

だから、偏差値が50くらいでも、俺は私は「まあまあマシ」みたいに感じることになります。

 

そうなると何が起こるか?

 

学歴社会をある程度、受容した考え方にならざるを得ません。

 

一流であり、でも実際は普通である!

 

そういう生活をすることになるのです。

 

それが社会全体を運営する観点から考えても良い状況だと思います。

 

それは品質の高いサラリーマンの量産化を安定的に行うことができる状況です。

 

ですが、そこのあなた!

 

金なし、コネなし、学歴なし、その上で何も取り柄がない!

 

そんな風に思っているあなたは無理しなくていいのです。

 

それに、あなたのような存在が、実は今の日本にとって貴重な存在なんです!

 

そこで・・・

 

結論から言えば、そういう人は仕組みから外れること!です。

 

どういうことか?

 

まず、お金がある人はお金を利用して仕組みを動かしています。

 

コネのある人は、コネを利用して利益を得る枠組みの中で生きています。

 

学歴がある人は、学歴を利用できる社会で生きています。

 

それぞれに持ち物を有利に活用しているのです。

 

当たり前ですし、合理的ですよね。

 

ですが、お金も無いし、学歴もない、コネもないということであれば、そこにいること自体が逆に不利な条件になります。

 

不利なフィールドで戦わない方がいいです。実力が仮にあっても絶対負けますから。

 

それを意識すると、具体的にどういった戦略になるか?

 

この点を整理したいと思います。

 

その前に、あなたが日本にとって貴重な存在だという背景について少しだけ触れておきます。

 

今、日本は高齢化が進み、東京一極集中が止まらず、地方が衰退を続ける中で、日本全体が沈没し始めています。

 

東京一極集中社会は、学歴社会の延長線上にあります。

 

つまり、日本沈没への危機は学歴社会に振りすぎてしまったことにあるのです。

 

勉強が得意な人に勉強してもらう、魚を取ったり、果物や野菜を育てたり、芸術で世界に対する戸惑いを描いたり、色々な人がいて色々な力が思う存分発揮出来るから社会は豊かになるはずなのに、大企業の目先の利益優先思考が強すぎたために、全体がもたなくなってきてしまったところがあります。

 

それで、社会に絆創膏をするように移民を受け入れて何とかしようと急いでいるわけです。

 

だから、金なし、コネなし、学歴なし、その上で何も取り柄がない!と思っている人にこそ、希望があったりします。必要とされているのです。

 

それに、本当は取り柄はあるはずです。

 

学歴社会の価値観で学校教育を受けてきたから「取り柄がない」と思っているだけです。

 

そのあなたは、具体的にどういった戦略を取るべきか?

 

それは逆を行くことです。東京とは逆方向に行くべきということです。

 

生活コストを徹底的に下げること。豊富な食糧と仕事を確保すること。知的な生活も維持できるようにすることです。

 

今、地方移住などのコンテンツを沢山の人が発信しています。

 

地方移住系ブロガーさんも結構沢山います。

 

そういう人たちの情報を参考にしたり、地方自治体が提供している情報を参考したりして地方への進出を進めるべきです。

 

因みに、この動きを国も後押ししているところがあります。

 

それから、金なし、コネなし、学歴なし、その上で学歴社会では何の取り柄もないと思っている人が都会にいても、厳しい状況しかないです。

 

バイト代が上がったといっても生活の質は上がらないことでしょう。

 

環境自体をガラリと変えて、美味しいものを安く食べられる場所で生活すべきと私は思います。

 

その上で、安く生活できる場所。そういうところを探すと良いと思います。

 

何もなくても人生では勝ち組だな!って思える生活を探すべきです。

 

もちろん、地方に魅力を感じる場合においてですけどね。

 

それから、海外でも良いと思います。

 

地方についてあまり詳しくない人は、まず調査から進めるべきだと思います!

 

都会において、金なし、コネなし、学歴なし、その上で学歴社会では何の取り柄もないということなら、そもそも都会で生活を続けること自体がデメリットしかないと私は思いますけどね。

 

地方の方が楽しい事も見つかるのではないかと思います。

 

そういう意見もあるのかと考えて頂ければ幸いです。

 

時代の流れを捉えることもできずに、今でも必死になって東京を目指しているような人たちがいます。

 

東大に行って中央省庁の官僚になる!とか、東京でなければいけない明確な目的がないなら単なる情報弱者という感じがします。

 

それくらい東京のブランディングは成功しているということでもあると思いますね。

 

それはつまり、学歴社会のブランディングが成功しているということでもあると思います。

 

今は、その成功し過ぎが全体として問題になっているということだと思います。

 

かなり時代をさかのぼると、東京でしか仕事がない!という状況があり、それで当たり前のように地方から東京に出てきていたのですが、そのような時代と違って今の東京には希望がないです。

 

学歴社会に振りすぎてしまったために、金なし、コネなし、学歴なし、その上で学歴社会では何の取り柄もない人が目指す場所としては不利すぎるのです。

 

都市の養分としては大変美味しい存在になると思いますが、それは自分が豊かになる希望を持つことを意味しないということです。

 

お金を借りたりする点においても、右肩上がりの時代とは違います。

 

希望もなく一生ほぼバイト確定!みたいな生活になる人が大多数になるってことです。

 

それよりも地方が良くないですか?

 

関連記事:貯金額がゼロ円の人が取るべき戦略
 
最近急激に人気が出て評判の良い教材をまとめています。
オススメ人気急上昇中のネット教材