話しかけられたくない?だったらネットビジネス。

話しかけられない生活がしたい!

それなら・・・やっぱりネットビジネスですよね~。

今回は、このあたりの話題を整理です!

話しかけられやすい人は会社で頼られる

気軽に会話が出来ることって、「社会人」として大切な素養だと思います。

 

堅苦しくならず、その時に感じたこと、思ったことを淡々と返していく感じ。

 

人は、話しかけやすい人柄を持っている人に話しかけますね。

 

仕事で電話する時なんかもそう。

 

出来る限り、電話しやすい相手に電話しますよね。

 

サラリーマンは自分の仕事が増えそうになると、すぐに嫌な顔をしたり、自分は仕事から逃げて誰かにやらせようとしたりする人が多いですからねぇ。

 

電話しやすい人は貴重な存在です。

 

それから、仕事上のことは効率性の観点からメールしてくれとか、電話してくれとか、色々な思いがあると思いますけど、雇われでやっている以上、お互いに謙虚に仕事を進めていかなければいけないですね。

 

仕事が進まないなら雇っている意味がないので。

 

だから話しかけやすい人が頼られる傾向があります。

 

仕事が進めやすいんですよね。

 

話しかけられたくない理由

ですが、こういったサラリーマンの話題とは別に、「人に話しかけられたくない!」って思っている人も多いと思います。

 

個人で動き出すとどうでしょうか。

 

会社員のコミュニケーションとは違ったコミュニケーション能力が求められるように思います。

 

自分が相手に与えるモノが何もなく、相手が何を欲しているのかも分からない状況でも、自分の願望のままに相手に質問行為ばかりを繰り返したり、ズケズケと相手の私情を知ろうとしたりする人がいます。

 

そういうコミュニケーションレベルが日本のサラリーマン社会の標準的なレベルだと思います。

 

プライベートな部分まで全部話が出来て、コミュニケーション能力が高いってこと、仕事が出来るってこと、そう思っている人もかなりいるような気がします。

 

それから、口が動いていればコミュニケーション能力が高い!みたいに思っている人です。

 

個人で動くと、本当に時間の無駄でしかないんですよね。こういう人。

 

話しかけられたくない。

 

そもそも、何かを与えてくれようとする人、教えてもらいたいと謙虚な姿勢で話しかけてくる人、個人ビジネスでは、そういう人しか私は相手にしないですね。

 

そこにしか価値が生じないです。無駄な会話には1秒も時間を使いたくない。

 

こんな感じで、コミュニケーションの質を大切にするようになってきます。

 

分別なくベラベラ話し続けることがコミュニケーション能力を示すわけではないということです。




話しかけられたくないような人と関わると起きること

個人ビジネスをしていると、本当に色々な人がいますよね。

 

テレビ業界の大物でも金銭面でのトラブルが多いです。

 

それくらい、お金の周りには無駄な人が住みつくようになります。

 

なぜ、そうなってしまうのか。

 

ビジネス視点で間違った人を相手にしただけではなく、お金の管理まで人に預けてしまったということが多いようです。

 

自分はそういうミスはしないな!と思っている人でも、個人で起業して事業を進めていく過程で大なり小なり、こういった類のことを経験する人の方が多いと思います。

 

盗まれた、持ち逃げされた、騙された、確定申告内容に意図的な不備を作られていた、大きく誤魔化され続けていた。

 

個人で活動している多くの人が、こういったことを経験しているはずです。

 

こういう点で言えば、話しかけられたくない!という気持ちを、個人ビジネスで活動する上では絶対に持っておかないといけない素養でもあるように思います。

 

自分を守ることが出来ないといけない。

 

事業をやっている中で、盗むとか、持ち逃げとか、金銭面で騙すとか、そういうことをした人がいれば、そんな人とは、一生関わらないですよね。

 

で、こういう人が実際にあなたに話しかけてきたとしましょう。

 

その内容は自分の願望だけを満たすための内容である場合がほとんどです。

 

だから、「話しかけられたくない。

 

一瞬で判断できるようになります。内容を聞かなくても状況から事前推測することも出来るようになります。

 

確定申告の時期になりましたが、この確定申告まわりでもそうですよ。

 

長年、人に任せてしまっている人いますよね?

 

任せるのは良いと思いますが、何がどうなっているのか、しっかりとチェックする能力は維持すべきです。

 

色々な制度があり複雑ですが、内容を把握していくことは出来ると思います。

 

細かい点も含めて、自分の判断力、知力の範囲内に置いておくべきです。

 

このあたりまで含めて全部出来た上で、収益を確保して一人前の事業主という感じがします。

 

つまり、一般のフリーランスの人で、この点まで含めて独立出来ている人はかなり少ないのかもしれません。

 

ちゃんと自分の足で立っていないと、人の持ち物や、自分の持ち物、そういう情報を共有したり、誤魔化したりする貧しい人を近づけることになってしまいます。

 

そういう人の意識は常に自分の腹に向かっています。

 

だから、かなり多くの人がこういった人との関係でトラブルになります。

 

そういう種類の人と接すると本当にスグに分かるようになります。

 

「話しかけられたくない。」

 

電話してくるなとは言わない。

 

でも、自分の腹のことだけを考えて電話してきたり、LINEしてきたりするなら、相手にしない。少なくとも個人で活動しているのであれば。

 

こういう姿勢を学ぶと、次は偽善で偽装する人が出てくるんですよね。

 

そういうのはスグに分かるんですよ。ホント。

 

今まで自分のことだけを考えて生きてきたような人がすぐに変われるわけないです。

 

マインドが一番大事って言われる理由がここにありますね。

 

自分のマインド維持のためにも話しかけられたくない人が多いと思います。

 




話しかけられない生活を追求するとネットビジネス

ネットビジネスって、本当にスゴイ。

 

話さなくていい!

 

無駄な会話も不要。

 

伝えたい事はブログで伝える。ツイッターなどのSNSで伝える。

 

文字にしてやり取りすると無駄もない。

 

理解してくれない人をワザワザ説得する必要もない。

 

理解されないこともあるし、理解できないこともある。

 

それでいい。

 

どうしても話してみたい人がいれば、その時は考えればいい。

 

相手のことをしっかりと考えた上で、謙虚に話しかけてみればいい。

 

それだけですよね。

 

人間って。これで良かったはず。元々、こうだったはずです。

 

でも、社会を発展させていく過程で、学歴とサラリーマン生活を重視しした社会をデザインして、そこに力を注ぎ過ぎてしまった。

 

それから、その社会で生きていくために窮屈な人間観をデザインしてしまった。

 

人は、そこに適合しようとして隣の持ち物や隣の行動を強く気にするようになって、今も均質化された「個人」が生産され続けています。

 

誰かが作った仕組み、誰かがデザインした枠から一度飛び出して考える。

 

これが出来なければ、まだ人とは言えないと私は思います。

 

人になるためにも、ネットビジネスです!

 

話しかけられたくない気持ちについて考えると、後ろ向きのメンタリティを感じてしまう人が大勢いると思いますが、実は超前向きだったというオチになるのではないでしょうか。

 

人になるために!ですからね。

 

関連記事:無料アフィリエイト初心者用講座

 

最近急激に人気が出て評判の良い教材をまとめています。
オススメ人気急上昇中のネット教材