自動売買の優位性について

 
スポンサーリンク
 

自動売買について、色々なことが言われています。

 

完全自動売買、プログラム売買なんかで儲けられるわけがない。

 

自動売買は危険が多い。

 

自動売買で利益を得ているという人を聞いたことがない。

 

その他、バックテストをやってもあまり意味が無い。

 

実際に本番で稼動するチャートデータ上だと全く異なる結果になる。

 

信頼性が低いので危険。などなど。

 

確かに非常に利益を得ている人で、実績あるトレーダーの方でも自動売買はダメという意見を貫く人もいます。

 

自動売買には安定運用上ネックとなる色々なことがあることは事実です。

 

一方で、自動売買は巨額の投資マネーを動かす投資家集団が利用していることも事実です。

 

自動売買自体は現在も利用され、一部の投資家・トレーダーの役に立ち、利益を生み出し続けていることも事実なのです。

 

ですが、個人単位で信頼性のあるトレードノウハウをシステム化して自動売買を行う際には、気をつけておかなければいけない点があります。

 

それは、チャート上の細かい単発的な動きに簡単に影響されるようなプログラムにはしないことです。

 

これが第一に大切なことです。

 

それから、後でプログラムが正しく動いていることを検証可能とするためにプログラムを複雑化させ過ぎないことです。

 

また、超短期売買で1日に何百、何千回もトレードするようなシステムにしないこと。

 

さらに、プログラムを稼動後に自動で終了させる必要がある時に終了するプログラムの作りになっていること。

 

基本的には、以上の条件を満たすプログラムを使用して自動売買を行うべきだと考えています。

 

客観的に考えて、自動売買は人の裁量部分を減らし、システム通りの動きしかしないという点で、裁量思考かつ手作業による売買方法に比べて、ミスの発生もなく信頼性が高いと思います。

 

特に誰かにこの部分を代わってもらうということを考えた場合には、人よりもコンピューターの方が、指示通りに行ってくれるでしょう。

 

ミスの可能性もありません。考慮すべき点は出来るだけ信頼性の高い環境を選ぶこと。そして、メンテナンスを容易にしておくことです。

 

自動売買の優位性は、我々の前で確実なものとして必ず表れます。

 

ですが、この自動売買をしっかりと自分のものにするためには、以上で挙げたことを考慮する必要があるのです。
そうすれば、自動売買は不労所得型の資産ツールになっていくことでしょう。
AI時代を見据え、自動売買は今後さらに光が当たっていく対象になると思います。


 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!