美的感覚の源泉について

 
スポンサーリンク
 

 

誰かを見たとき、あるいは何かを見たとき、私たちは美しいと感じることがあります。

 

そのときの心には感動があり、そして何か理屈では説明の付かない力を感じるのです。

 

美人が得をするというのは、理屈なしにその力を感じさせてしまうためです。

 

美しいということを感じる感性は、次第に磨かれて、さらに美しいものを選別可能となります。

 

理屈の世界では全く説明が付かない何かが存在すると感じていてその説明の付かない何かが深遠で尊くそして日常を超えた世界に導くパワーを保持しているかのよう感じていてさらにゆったりとして安らぎを感じる場合に、この感性は磨かれていくのです。

 

つまり、美しいものが幾つもあり、それらが日常的なものとなるとそれと同じものを見て、美しいと感じる度合いは弱くなっていきます。

 

我々、個人単位でも言えることなのですが、社会全体としても数多くの美を経験するほどに、さらに美しいものへの欲求が高まっていくのです。

 

美しい!!という感動が、モノの価値の源泉にあるとすれば、それらの価値は、変動すべきなのです。

 

それらは時間とともに減少していった後、さらに見直させれるようなことも、もちろんあると思いますが、基本的に経験した美については初回ほどの影響力を持たないものです。

 

M宝石店

 

【TOP】
誰も教えてくれない宝石選びの秘密 HOME

 

<人生向上のための教材>
生活改善、生活向上のための教材を集めています。

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:婚活情報データーベース
関連DB:美容エステのデーターベース(男女)
関連DB:ダイエット教材データーベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!