経済の見通し

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。
そして、お久しぶりです。
ロンです。

 

さて、日経平均株価は相変わらず、想定内最下値近辺でじゃれ続けています。
ですが、このじゃれ方について、あまり意識する必要はない局面であると思います。

 

それよりも、今は日本経済の長期展望の観点から非常に重要な要素について、色々な話がメディアから発信されています。

 

その中心となるものが「増税」についてです。

 

この増税は、アベノミクスが進展する限りにおいて、常に付きまとうものとなります。

 

それは消費税増税だけの話題ではありません。

 

増税、減税の話題は、アベノミクスとともに歩むことになっています。
これは、日本経済の動かし方を見通している人にはすんなり、頷いて頂けることである一方、分からない人には全く分からない内容です。
 

そうです。

 

日本経済について、公では誰も言わないタブーがそこに存在するためであると考えてもよいと思います。

 

別の観点から、確たることとして言えることは、アベノミクスが進展し、史上最高値を日経平均が付けたとしても、80年代バブルのときのように、庶民の生活が経済面で大きく潤うことはありません。

 

あの当時、高卒で技術無し。勉強もからっきし。人より優れている点は皆無。そういう人材でも、都心では年齢を大きく上回る給与額の求人が余りあるほどに存在し、当然ボーナスも非常に大きくもらっていた。

 

今、上場企業でも難しい待遇を低学歴かつ技術も経験も何も無い人材でも手にしていたのです。
そのような方向にアベノミクスは進んでいません。

 

アベノミクスは、完全にある大きな目的を達成するための始まりに過ぎないのです。
その目的とは。。。。。
その答えを、仮にここに書いたとしても、何も理解できないのです。
学校とは異なり、大切なことは誰も教えてくれません。
なぜなら、誰も完全に正しいと断定できる解答を持っていないためです。

 

ですが、確たるものであることを着実に積み上げている人のみに分かることがあります。
それが世の中というものだと、ロンは思います。
では!!
 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!