米政権、医療保険制度改革法(オバマケア)に反対した共和党保守派に警告

 
スポンサーリンク
 

トランプ大統領の政策実現に向けて共和党内での対立が深刻化する様相を呈している。

 

トランプ大統領は今後の法案についても、医療保険制度改革法と同様に、共和党内で指示が得られずに実現出来ない見通しとなれば、民主党とも協議して政策実現を進める準備があるとの考えを示した。

 

また、ツイッターでも「フリーダム・コーカス」など共和党保守派グループに対して警告、強く批判し、オバマケア代替法案への保守派の反対は「民主党を喜ばせる」ことになったと述べている。

 

次の税制改革は、トランプ大統領の実力が今回以上に判断される法案となるため、米政権運営は緊迫感を増しつつある。

この米政権運営の不安定感は、株式市場への影響も懸念されることから、早期安定化への道を模索してもらいたいものだ。

今後の米政権運営の動向に注目が集まっている。

 
日米ともに政権運営をめぐる環境は望ましくないものの、今後の日本の株式市場見通しとしては中長期的にはやはり上昇トレンドを維持していると考えられる。

 

こういった不安定化が強まった状況下での投資戦略が投資家たちにとっても今後の重要な分かれ道になると思われているためか、経済金融市場全体からの緊迫感押し上げ効果も重なり、株式市場に短期的には強い影響が出てしまう環境になっているようである。

 

中長期の株式投資戦略においては、このような不安定化材料をどのように見極めていくのか、各々の安定した投資判断が求められる良い機会であると著者は考える。

 

本日の日経平均株価は強く反落して始まっていることからも、米政権運営に対する懸念が露呈した結果となった。
 
一方で、ドル円相場などと比較した場合、力強い日本株への投資圧力も同時に感じる状況であり、このような下落が今後どのように株式市場に影響を与えるのか。
 
トランプ相場、アベノミクス相場の息切れも懸念される中で、株式市場の動向についても非常に注目が集まっている。

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!