直帰率と離脱率の改善 一歩先行くSEO対策

 
スポンサーリンク
 

 

サイトを改善するときに、直帰率と離脱率について意識していますか?

 

アフィリエイトサイトで意識していない人は、直帰率と離脱率を明確に意識しておくべきだと思います。

 

ただし、直帰率を下げようとか、離脱率を下げようという目的よりも、サイト訪問してくれた人に出来る限り求められているものを提供しよう!!という考えをもっておいた方がよりよいと思います。

 

同様に、直帰率の目安はどの位が妥当か?といった話題にあまり焦点を当てすぎないようにした方がよいと思います。

 

そもそもサイト種類やサイトの規模によっても変わってくるものですし、ユーザー要望に応えたサイト改善を続けていくことで直帰率および離脱率は下がっていきます。

 

記事数が増えていけば、訪問者に提供可能なコンテンツも増えるので、他記事へのリンク配置などを追加してサイトメンテナンスを継続することで、訪問者の直帰率や離脱率も下がっていくはずです。

 

基本的には訪問ユーザーへのサービス最大化を意識したサイトメンテナンスを続けていけばよいという話になります。

 

ですが、記事数が増えてくるとメンテナンス負荷も相当なものになっていきますね。

 

そのときにはGoogleアナリティクスのデータをチェックしつつ、効率的にサイト改善を進めることをオススメします!

 

Googleアナリティクスのアクセス解析データを使えば、ユーザーがどのようにサイト内のページを遷移し、離脱していったかが明確に分かります。

 

アクセス数が多く、離脱率の大きいページから効率的に改善していけばいいですね。

 

アクセス数が多く、離脱率の大きいページがランディングページになっているということも多いと思います。

 

これを解消すれば、そのままかなりのアクセスアップにつながるかもしれません。

 

訪問者属性、訪問者の要望に応えたページへのリンクを配置しておくことで、1→10へのPV(ページ ビュー)アップ、アクセスアップにつながることだってあります。

 

これだけで、PVが飛躍的に向上することもあるので、特にランディングページについては注意をしたいところです。

 

そうは言っても、理由があってグーグルに登録したくない!!という人は、サイト改善時にサイトの各ページで訪問ユーザーに提供可能な最大GIVEが出来ているか?という視点で各ページを見直しましょう。

 

時間が経つにつれて、記事の更新や改善が必要になってくるのは記事が古くなるためというだけではなく、自分のサイトにも新しい記事という資産が積み上げられていくため、以前の記事ページに訪問した人にもこれを知ってもらうためですね。

 

この理由による記事更新も忘れないようにしなくてはいけませんね。

 

この記事更新が必然的にサイトの直帰率と離脱率を改善していくものと思います。

 

ただし、この対応では思わぬ見落としが発生する可能性も当然あるので、何らかのアクセス解析ツールによるサイト分析は必須と思います。

 

この点、グーグルのツールを使わない選択をするようなアフィリエイト活動ではなく、グーグルアナリティクスによる直帰率や離脱率チェック等、グーグルが提供するツールを常に利用するようなアフィリエイト活動をすべきだと思います。

 

このグーグルのアクセス解析ツールほど信頼のおけるものはないからです。

 

そもそも、目的がグーグル検索エンジンに対するSEO(検索エンジン最適化)ということであれば、その目的を達成するための手段にはグーグルのツール利用が最適ですね。

 

それから、一歩先行くSEO対策としてはサイトからの離脱を取り込むようなサイト設計を考えることにも大きな意味があります。

 

サイトから離脱した訪問者が次に移動したサイトもまた自分のサイトであれば、サイト訪問者が離脱したなどという意識ではなくなりますよね。

 

ここまで実現させるためには努力が必要ですが、このような仕組みを突き詰めると莫大なアクセスの還流を生み出すことにつながります!!

 

時間はかかりますが、凄まじいアクセスアップが期待出来るというわけです。

 

遊園地で色々な施設を利用して日が暮れていくように、いったんそのサイト群の中に入ったら最後。

 

楽しくて興味深くて面白くて帰りたくない。

 

このような仕組みを構築することが出来れば、個人が莫大なアクセスを得ることになります!!!

 
ここまで来て、メールマガジンがとてつもない力を持つようになります!!

 
SEO関連の話題は以下にコンテンツ配置をしています!!
SEO研究

 
一歩先行くSEO対策にご興味のある人は参考にしてください。

 
将来まで見通してアクセスを増やすことを考えたコンテンツになっています!

 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!