発リンクを考える。一歩先行くSEO対策。


 
不労所得マニアです。

 

今日はSEOの話題です。
 

今回は、発リンクに関するSEO対策を中心に取り上げます!
 

発リンクの前に被リンクの話題を少々

被リンク、バックリンクについては、この数を増やすことを目的としたリンクツール情報などを含めて、これまで色々な話題が豊富にありましたし、今も多く語られている話題であると思います。

 

自動でリンク拡散するようなツールは、質的にもグレーなものからブラックなものまで幅広く存在していると思います。
(※ツールで被リンクを付けるのは基本的にもう止めた方がよいと思います!)

 

今でも自動ツールなどを使って被リンクを増加させたり、自動でブログコメント欄にリンク付きコメントを入れたりするものなど多岐に渡っています。

 

まだこのようなものが数多く運用されているようですが、すでにグーグルはこのような低品質リンクについては、評価しないどころかペナルティとしてマイナス評価を与えるに至っています。

発リンクのSEOは?

一方で、発リンクは??
発リンクの話題って、あまり出てきません。

 

発リンクの話題で思い出したのですが、そういえば・・・・。

 

確か無料情報でしたが、サテライトサイトの話題で、このサイトから少しずつリンクを送っていくという話題が以前あったことを思い出しました。

 

この時の話ですが、なるべく他のサイトへの発リンクはせずに、本体サイトへの発リンクのみに限定するようにとの指示があったのを覚えています。

 

なぜか?

 

無駄な発リンクによって、そのリンク一つ一つの価値が減少してしまうという説明がされていました。
 

この真意はコンテンツ量に応じた適度な発リンク数に数をおさえるべきであって、発リンクが増加するほどに、そのリンクは一つ一つの価値が下がり、リンクの力が弱まってしまうため、発リンクを少なく自サイトに向けて集中させて!ということでした。

 

ですが、一つだけのサイトに向かっていたのでは、自作自演はバレバレでしょう。

 

そもそも、独立したサイトとして、サイト訪問ユーザーに最適な情報提供をするという観点で、他サイトの紹介が必要となり、このために発リンクを付けるという流れになると思います。

 

この発リンク以外は、サイトに合わせた広告やユーザー用に最適化して表示される広告(アドセンス広告や楽天モーションウィジェット広告など)となるのが自然な形なのかなと思っています。

 

あ、あとSNSへの通知リンクもありますね。

 

これくらいが自然な発リンクになるものと思います。

 

よって、これらがサイト価値を高める発リンクの自然な姿、求めるべきところになるはずです。

発リンクSEOから見えてくるもの

自分の宣伝用あるいは集客用サイトから自分の本体サイトだけに向かった発リンクは、サイトへの集客として問題のないやり方ではありますが、被リンク価値という点では大きいものではないと思っています。

 

自作自演と言っても、グーグルも全く問題なしと考えているやり方ですので、言い方が悪いと思いますが、要は自分で付けているため、リンクとしての価値自体にはそれほど価値がなくなる傾向にあるし、また、今後も含めてさらに、この方向にグーグルは進むと不労所得マニアは考えています。

 

そこに価値が生じるなら、さらにこのリンクを量産するというグレーでネット環境に迷惑になり得るSEO対策が復権することになりますので、これをグーグルが喜ぶとは到底思えません。

 

リンクに価値を置くというよりも、色々な人に伝達するということを通じてアクセスが増え、そのためにリンク価値も上がっていくということだと思います。

 

魅力的な媒体で、そのコンテンツの中で色々なサイトへのリンクが存在するという状況下で、その中の一つの発リンクが自分のサイトに向かっているという状態と、自サイトを紹介するための一方向だけに向かった発リンクとでは、リンク価値が全く異なると思うのです。

 

自分のサイトではなくて、他の人から魅力的な媒体であると認識され、価値があると思われて付く自然なリンクが生じることを目指すべきで、そのためには、この発リンクを逆に付けられるようなコンテンツにする必要があるということになりますね。

 

もちろん、一般企業のホームページなど、発リンクが全くないということも当然、考えられるのですが、色々なコンテンツを集めたサイトやブログの場合は、逆に自分のところだけで閉じているサイト、全く発リンクがないサイトというのも、魅力を最大化出来ていないことにつながるのではないかと思います。

 

このような部分を最適化するという意味でも生じることになる発リンク。

 

ユーザーにとっても価値がある発リンク。

 

これが、発リンク先のサイトやブログでは自然でナチュラルな被リンクということになるわけですね。
この意味でも、コンテンツを徹底的に重視する、最適化するということが必要になるものと思います!!!

忘れてはいけない発リンクのもう一つのSEO

それは内部リンク(自サイトへの発リンク)になります。

自サイト内の関連記事へのリンクについては、ユーザーへの更なる情報提供の道であり、そのユーザーへの細かな心遣いが、コンテンツ提供力を上げ、アクセス数を上げ、サイト価値をさらに上昇させるものと思います。

ユーザー視点でも不自然ではない細やかな内部リンク構造は、丁寧な発リンク設定によってもたらされると思います。

その他、SEO対策の注意点

今でも相互リンクでリンクし合って、単純に被リンクを増やそう!!などと言っている情報商材は注意が必要です!

相互リンクの有効性は、相互リンクをした後、ユーザーがそのリンクルートを通じてアクセスした際に即サイト離脱しないでサイト利用されていてサイト価値をお互いに大きく出来るかどうかという点が重要になってくると思います。

このような配慮なく単純にグーグルへの被リンク戦略として行うべきものではないと思います!

 

(後追記)
サイトの記事に価値を感じた人がツイッター等のSNSで記事をシェアする。
こういったシェア回数をグーグルが見るようになってきています。良質なコンテンツを作ることに特化した考え方をした方が良いです。発リンクも良質コンテンツにつながるなら適切に使うべきです。

 

(後追記2)

外部サイトへの発リンクについて、人によって使う程度は違うと思いますが、優良サイトに対して自サイトからリンクを付ける(発リンクを付ける)人が多いのは間違いないと思います。

ですので、SEOのために付けたものではないナチュラルリンクであるなら、その価値は本来かなり大きいはずです。

ですが、被リンク対策などをする人たちが増えたことで、今はコンテンツ重視の流れにグーグルが一気に方向性を変えたためか、今は評価されにくくなっているように感じます。

そういう状況にはありますが、ナチュラルかそうではないかの判定を精度高く自動で行うことが出来るようになれば、被リンクの価値は再び上昇すると私は予想しています。

もちろん、ナチュラルリンクではないと上昇しないはずですし、コンテンツが大事という基本路線は変わらないはずと思っていますけどね。

発リンクを付けるとき、対象とするサイトを似たようなサイトから一番良いものを選ぶことが多いはずです。

一番良いものを選んでいるはずなのに、そのサイトはあまり順位が上じゃない、評価されていないということになると検索順位決定も不自然な印象を持たれやすくなります。

検索順位1位のサイトがやっぱり一番いいよね!みたいな状況をグーグルだって求めているはずです。

そういう環境を実現する過程で、発リンクをしているサイトの価値自体も少し見直されるのではないかと思っています。

発リンクを優良サイトにしていることはネット環境全体にプラスの効果があるからです。

評価すべきはナチュラルリンクを受けている側だけじゃないはずと私は思います。

そのようなバランスを感じる状況下でグーグルアルゴリズムがどのように発リンクや被リンクを考慮していくのか、これは今後も注目すべき点だと思っています。

適切な発リンクは長期的なSEO対策という点でもプラスに働く可能性が高いと私は思っています。

 

SEO完勝!!必携アフィリエイト教材

以下、不労所得マニアの推薦商材です!!
この2つの教材が揃えば、SEOで外すことはまずありません!!

下克上レビュー
賢威レビュー

必要な商材はしっかり購入し、間違いのない道を歩んでいきましょう!!

さらに、超有料級のSEO記事を以下で公開しています。そのまま結果につながる大変貴重な記事が紛れ込んでいるので、是非参考にしてくださいね!
SEO研究

 

SEO対策TOP
 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース