水分の維持

 
スポンサーリンク
 

サバイバル哲学塾

次に水分の維持についてですが、これも多様な方法が色々なところで紹介されています。

 

よって、ここではこの水分維持のための方法、つまり水分確保に関するサバイバル哲学を整理したいと思います。

 

飲み水を何も持たない状態で無人島や山などの自然環境に放り投げ出された場合、水分確保の方法はいくつもありますが、それらは大きく二つの方法に分かれます。

 

それは、「火を使った水分確保」と「火を使わない水分確保」となります。

 

何も持たない状態から火を起こすことの出来る技術を身につけるということは、体温の維持だけではなく水分の維持にも関わってくるのです。

 

通常、綺麗な飲み水の確保が難しいような場所でも火を使うことが出来れば、汚い水を一度沸騰させて蒸気にしてこれを再度水へ戻すということで、綺麗な水を確保することが可能です。

 

火を使うことが出来るということが人間にとっては非常に重要なことであったことは言うまでもありません。

 

火を使うことで人間は安定した生活を手に入れることが出来るようになります。

 

その他、火を使わない方法はといえば、川の水を確保したり、植物に保有されている水分を集めたり、雨水を集めるということも大切です。

 

ただ、このような行動に出る場合、現実のサバイバル状況において気になることは、衛生面についてです。

 

特に海外などで衛生面に問題があるような地域に行く場合においては、火を使って水分確保をする方法をお勧めします。

 

寄生虫を体内に取り込んでしまうことになったり、感染症の原因となったりする可能性があるためです。

 

また綺麗な水を入手できたならば、それらを保管しておくようなことを次に考える必要があります。

 

例えば、大きな入れ物に入れ、移動中などは一度確保した水分を携帯出来るようにする工夫が必要となります。

 

多めに確保出来たのであれば、保管しておくというのがサバイバルの掟になります。

 

このために目に見える色々なものをサバイバルのための道具として活用できないかどうか、道具に変えることは出来ないかどうかという点に対する注意力も高めていくことが大切です。

サバイバル哲学塾 TOP

 


 

関連記事:資産運用大全
関連記事:具体的に不労所得を獲得する方法
関連記事:不労所得コンテンツの人気ランキング

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!