彼らは、自分の都合の良いタイミングを見計らって株の売り買いをしているのですが、実際に彼らが行っていることは、単に株を買って、その株を売るという行為か、その逆で売りから入って買い戻すという行為、あるいは何もしないということだけになります。

 

真剣に画面を見つめているのは、いつ株を買い始めようかとか、売り始めようかといったタイミングについての判断を行っていたり、相場状況を見守りながら様子をうかがいつつ学んだりしているのです。

 

よって、株の売買はあまり深く考えないのであれば単純に買って売る。売って買う。何もしない。の3点だけだと整理すればよいのです。

 

絞ればよいというよりは、基本的な活動としては、それしか出来ないということになります。

 

やっていること自体は非常に単純で、小学生でも簡単に出来ることです。

 

株をこれから始めようという人は特に、何か勉強しなきゃ!!と思うかも知れませんが、肩に力を入れるようなことは何一つありません。

 

小学生でも出来ることですから。

 

それから、難しく考えても最終的にほとんどの人が負けていくのです。

 

株の売買とはそういうものです。

 

一生懸命に勉強すれば、必ず勝てるのかといったら、そうではないのです。

 

必ず利益を保障してくれる人はあなたの周りに誰もいません。

 

ただし、勝ち続けるためにするべきことは多いのです。

 

それは、相場をどのように判断して、どのようにトレードしたり、投資したりするのかという点になります。
優良な教材や塾への投資は、絶対に行った方が良いと思います。自分自身の能力だけで勝ち続けることが出来るほど、甘くもない世界。それが相場です。

 

株TOP
 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース