株とはそもそも何か③

 
スポンサーリンク
 

株に投資することで企業活動の応援をするという長期的投資ではなく、短期的な株価変動を狙ってトレードを行う人たちが株式市場に増えてきました。

 

この中には非常に多額のお金を稼ぎ、凄まじい資産を作る人たちも出てきています。

 

自分もこのように成りたいと思って株を始めようとする人たちが沢山います。

 

ですが、残念ながら多くの場合、このような人たちは最終的に株なんかやらなければ良かったという結論に達して相場から退場していきます。

 

なぜでしょうか?

 

それを考えることが相場を生き抜くためには必要だと考えています。

 

多くの人が、あの人は天才トレーダーだと認識するような人であっても、長期スパンで観察すると相場から去っていくのです。

 

そういう大部分の人たちとは全く正反対に、稀に長い年月を通して相場で利益を上げ続けている人たちがいます。

 

そのような人たちを見習うべきですね。

 

彼らの投資スタイルはどのようなものか?どのような考えで投資と向き合っているか?など彼らが普通に行っていることには、多くの恵みがあるはずです。

 

短期売買で売り抜けてそれをきっかけに投資方法を変化させ多角化していくという行動を取るのも今の投資環境を考えれば、非常に賢いやり方だと思います。成長型国家ではなく成熟型国家になったという時代背景から考えても、この判断は誤ったものであるはずがない。

 

この考え方の典型例として、若くして株式市場から多額のお金を稼ぎ出し、そのお金を元に巨額の不動産を購入したと報道されたBNF氏がいます。

 

短期トレードで相場世界からお金を稼ぎだそうとしている多くの人たちにとって、彼は金融業界の一番下から頂点まで上りつめたヒーローだと言えるかもしれません。

 

株は人それぞれの立場や、相場との向き合い方などによって状況判断が異なるので株価は常に変動します。

 

だから、株とは人の意見に左右されて売買するものではありません。

 

もし、人の売買方法や、人のトレード方法を勉強したいということであれば、徹底的に勉強するべきですが、その勉強対象とすべき相手は、実際に現役で相場と向き合っていることが大前提です。

 

株とは、基本的に人の意見に左右されて売買をすべきものでありません。その上で誰かから学ぼうとするのであれば、しっかりと学べる環境を提供している人に限定することです。教えるという行為や情報提供を明確に具体的に考えている人に限定することです。このような前提のある人以外の話は絶対に聞かない方がよいです。

 

最近では、ツイッターなどにトレーダーが集まって、つぶやく行為を多くの人たちがチェックしているようですが、そういった中途半端な情報であれば、ほとんど嘘だと思うつもりで見た方がよいです。

 

人によって、それぞれ見方が違う、受け取り方が違うから株は成り立っているのです。

 

ツイッターなどの情報だけを中途半端に参考にして、相場に挑むのは株の性質から言って負の効果しかありえないと私は思っています。

 

勝ち続けているトレーダーがポジション取りの日時も含めた詳細情報を前もって公開し、損切りや決済情報についても、前もって通告していない限りは。

 

良心的に情報の断片を教えてあげようとしている人もいると思いますが、中途半端な情報はマイナスの情報入手にしか実際にはなりません。

 

株とは、そういうものです。
それから、この株価上げるから!!というようなインサイダー情報をキャッチすることがあったら、絶対に関わらないようにしてください!インサイダー情報による売買ほどリスキーなものはありません!!

 


 
正しく学ぶという行為や、正しく相場に向き合う前に色々な怪しい誘惑が待ち受けていて、これらを見分けることが出来ないために、多くの人たちが正しく学びもせずに相場から去っていくか、騙されて相場から去っていくのです。

このような道を通らないようにするだけでも、成功確率は非常に高まるはずです!!

因みにトレーダーになりたいという人は現役億トレーダーが無料で部屋を作ってくれているので、参考にしてください。
トレーダー伸二さんの部屋
 

関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!