明らかになりつつあるアベノミクスの実態

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。
ロンです。

 

さて、本日はアベノミクスの勢いについてみていきます。

 

というよりは、単にアベノミクス銘柄。

 

その中でも大型であり、かつアベノミクスの筆頭株と言ってよいものをいくつか取り上げてみます。

三菱UFJ

三井住友

野村HD

りそな


みずほ

アベノミクスって一体何なん。。。
筆頭銘柄がそう言っています。

 

これがアベノミクスの現時点での真実であり、評価と言ってもよいでしょう。
日経平均株価が他の株価上昇で上げているだけで、アベノミクス本体の勢いについては、しっかりと外資にも評価されているということでしょう。

 

これらの銘柄が少なくともリーマンショック前にまで戻さない限りアベノミクス自体は進まないと予想されます。

 

マネーを強力に供給して利益を上げるような中心会社が全くダメだからです。

 

今のところ、何かあったのか無かったのかもよくわからない。
金融緩和をしなくとも、この程度は株価上昇したのではないかと思う人も多いはず。

 

そもそも金融緩和しなくても、増税さえしなかったらこの程度は実現出来ていたと思われる。
色々と頑張ってはきましたが、今のところ、大した成果は上がっていない。

 

これがアベノミクスの実情と考えてもよいと思います。

 

アベノミクスにより株が上がった!!

という宣伝は日経平均により誤魔化されているだけで実態のアベノミクスはこれです。

 

実態はリーマンショック後の単なる調整局面やないか~
では!!

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!