こんばんは。

 

ロンです。

 

さて、土曜日は三宮のセミナーに行けませんでした。
仕事が入ってしまったためです。

 

残念ですが、仕方ない。

 

別に持ち株を変えるわけでもないし。。。

 

次を楽しみに待ちます。

 

さて、日経平均ですが、底固めをしていると捉えてよいと思います。

 

今回は、現状をいったん整理します。

 

まず第一に今回の暴落は、中国株式市場の混乱に、アメリカの株式市場が強く反応したために発生しました。
それから、TPPは本当にダメな感じになってきました。

 

完全に失敗したと思っておいた方がよさそうです。
今回の暴落が描くチャートで明らかになったことは、日銀の追加緩和(QE2)は日経平均を約1000円押し上げただけだったことが判明しました。

 

次に同じ手を使うなら、10倍のことをしないとダメだと思います。

 

そもそも、日銀の緩和オペレーションが根本的問題なのですが。。

 

成長戦略についても、既得権益保護の観点から、もうこれ以上は無理そうです。

 

って大したこと何もないやん。。。

 

海外要因でプラスになりそうなことも全くない。

 

問題は、次のサプライズが全く見当たらないということ。

 

サプライズで出てきてもよさそうなもの、あとは減税くらいになってきますか。。。

 

それから為替の動き??

 

メガバンクの国内貸出量も、全く伸びてません。

 

このままでは本当に外資への金融緩和だけで終了!!となってしまう感じがします。

 

次の暴騰は何を起因に発生するのでしょうか。

 

注目すべき時期ですね。

 

では!!!