日経平均予想 3番底か??

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。

 

ロンです。

 

本日の日経平均は続落です!!

 

非常に強い下げが昨日に続いて発生しました。

 

ほとんどの銘柄が売られ、全面安となりましたね。

 

さて、ここまで下げるとなるとやはり昨日予期していた通り、予想を少し変える必要が出てきました。

 

5月後半から6月初旬にかけて、日経平均16000円を試す展開となりそうです。

 

3番底が確認できれば、ここでも買い!!の状況でしょう。

 

もみ合いながら少しずつ上げていく展開は変わらないのですが、3番底が来たためにもみ合い期間がかなり長くなりました。

 

さて、その他の状況ですが、IMFが日本の成長率見通しを下方修正です!!

 

それから、追加緩和がなかったことに対する多くの報道があります。

 

これらは何を意味するのか?
 

一つにIMFの件は、アベノミクスの実体が明らかになりつつある局面を示しています。

 

その一つが、日銀の金融緩和の効果に対する不信感の蓄積です。

 

それから、追加緩和が無かったことについての多く報道は、日銀の異次元緩和はあくまでも効果があるとの認識に立った上で、さらなる追加緩和がなくて残念というニュアンスが含まれています。

 

つまり、今、日銀異次元緩和の効果に対する対立した思いが背後でぶつかり合っています。

 

おそかれ早かれ、第一の矢から的外れの状態になっていることに対する懸念が噴出することでしょう。

 

よって、今、安倍政権はかなり追い詰められてきているのが実情と考えられます。

 

TPPなど早期に妥結する他、成長戦略をトップの指導力で強固に推し進められるか?

 

さらに次々にインパクトある政策を明確に実施、実現できるか??

 

安倍総理個人の能力に大きく依存する状況が、今だと考えています。

 

これから、長くても数ヶ月以内に、短期的なリスクと言っていた安倍総理個人の能力について、語られる日が来ることでしょう。

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!