日経平均予想 2017年5月はどうなるか?

 
スポンサーリンク
 

ロンです。

 

日経平均は今後どのようになるか?

 

それも、時は「セル・イン・メイ」ということで、どのようになるのか注目が集まっていますね。

 

ロンは日本の国内問題よりも、海外情勢に左右される展開になると予想しています。

 

米国、北朝鮮、ヨーロッパ、中国。

 

注目度としては以上の順番かなと思っています。

 

特に、米国のトランプ大統領は就任から100日を超え、今後どのような結果を出していくかという点について、ロンも注目しているところです。

 

日本経済は80年代バブルの崩壊後、ずっと暗い道を歩んできたと言って差し支えないと思いますが、この過程では、暗い時代を線香花火のように明るくしたITバブル、そしてアベノミクスがありましたが、まだ80年代バブル崩壊後の暗がりに居ること自体は変わりません。
 

ここから完全に抜け出すきっかけは、もしかしたら米国経済に関連するのかもしれないと思っているのです。

 

ただ、気になるのは、日本が米国抜きでTPPは押し進めようとしていることです。

 

少なくとも、このような報道がされていますね。

 

そして、ここから浮かび上がってくるのは、米国の保護主義への回帰の件です。

 

このこと自体については、現状は仕方ないものであるとは思っているのですが、こうなった原因について、トランプ大統領は貿易相手国にあると思っているようにも受け取れます。

 

実際は金融の仕組によって、金融資本家に多額のマネーがスッパ抜かれているために発生しているわけで、もし保護主義への完全回帰思想が前提にあるのであれば、それ自体に賛同することは出来ませんね。

 

それよりも是正するべきところはあるという話です。

 

そして、このことはどこかの国が始めなければならない。

 

それはアメリカであるべきであるし、アメリカからでなければ実際に変わらないとロンは思いますね。

 

 

自由貿易は、世界の富を限りに無く行き届かせるために必要不可欠とロンも考えています。

 

麻生財務大臣は、北朝鮮情勢の円への影響を強く懸念されているようですが、ロンは北朝鮮だけではなくて、アメリカ、ヨーロッパ、そして中国について注目すべきと思っています。

 

とりあえず、この連休中にこの辺りに関連した何らかの材料が出てこないか気にかかるところです。
 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!