日経平均予想 銀行の時代へ突入する

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。
ロンです。

 

さて、日銀が発表した総括的検証ですが、緩和の具体的実行オペレーションという観点では、何も踏み込んだものはなく、残念といった印象でした。

 

ですが、これは今後もこのスタンスを継続するということを示すものであり、それゆえにマネーは少ながらず外資へ流れるものの、円安トレンドの流れには変化なしと見ています。

 

ここへ来て、1ドルが65円になる!!などという予想屋さんも注目されているようですが、それはないと思います。
 

経済のフレームワーク的観点から、今の時点では的外れな予想であり、注目を集めるためだけにやっているか、あるいはどなたかの意向により、そのような発信を行っているのか、そういう根本的なところに疑いを持ってしまう予想内容です。

 

日銀が今回踏み込んだところは、金利面です。

 

銀行株がマイナス金利関連の発表で以前、強く株価が下がりました(今もそのままですが・・)。

 

この時から、発信していたのですが、そもそもマイナス金利というのは銀行にとって別段悪いものではない。仕組の面から見えれば、銀行にとってもよいことになります。

 

一部のデメリットを取っての報道が繰り返されていたわけです。

 

さらに、銀行は自身への収益増を可能とする選択幅が出てくることになります。

 

それにお関わらず、マスメディアを通して一般に流れていた情報は、マイナス金利が影響して銀行収益が悪化するということばかりでした。枝葉の部分に関してのみ報道されていたわけです。

この反動は必ず来る!!
このように予想しております!!!!!!!!!!
 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 
お金大全
 

不労所得データーベース

不動産投資DB、節電DB
不動産投資と節電で不労所得

株式投資DB
株式投資

不労所得型クレカDB
カードで節約、不労所得生活

保険の見直しDB
保険の見直しデーターベース

婚活・出会い・結婚DB
本気の婚活

自己投資(学ぶ編)DB
留学と通信制高校の情報

ダイエット教材DB
美容・脱毛(男女)DB
格安航空券DB
家賃節約DB
お金を借りる方法DB
株主優待DB

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

優良高額塾

オススメ優良高額塾

ページ先頭へ

error: Content is protected !!