日経平均予想 北朝鮮へのアプローチ

 
スポンサーリンク
 

ロンです。

 

日経平均株価は非常に良好な兆しが見えつつあるとロンは思っています。

 

ですが、直近で一つだけ大きなリスクになっていることがあります。

 

北朝鮮へのアプローチ方法です。

 

日韓の連携において、今は対話ではなく圧力をかけるべきとのことで認識合意が取れていると報道されていますね。

 

これは何か戦略的裏付けがあって行われているのですかね?

 

よく分かりませんが、北朝鮮に関しては圧力一辺倒というのは、あまりよろしくないとロンは考えています。

 

圧力と同時に、いつでもトップ会談が出来る状態にあることを明示しておくべきだと思います。

 

もちろん外相レベルのトップではなく、金正恩氏と安倍総理の直接会談です。

 

これは、特に日本である必要性もないですね。

 

可能であるなら、米国のトランプさんであっても良いわけです。

 

国際社会として、この直接会談の道を閉ざしてしまうことは非常にリスクが大きいと感じます。

 

これは北朝鮮の現状を見据えた場合に、そのように感じます。

 

北朝鮮は戦略的なフットワークの軽さ、細やかな戦略的行動を実現させていることから、対外国戦略面で非常に合理的かつ緻密な計算があるように思います。

 

ですが最近は、この緻密さが精度を欠いてきているようです。

 

スポンサーリンク




 

国家にとっての合理判断に別の要素が入ってきているように感じるのです。

 

それは対中国や対ロシア関係、昨今のミサイル開発と実験経過など、北朝鮮の戦略的な緻密さが失われつつあるように感じることが色々とあります。

 

この変化を特定個人の力で引き起こすことが出来る人物は、金正恩氏だけでしょうね。

 

なぜ、金正恩氏はどこの国ともトップ会談をしようとしないのか?

 

それは他国に対して、強い猜疑心を持っているためだと考えられます。

 

米国あるいは日本とトップ会談が出来るようになれば、彼の対応は大きく変化することが期待できると思いますね。

 

朝鮮統一思想を強くしているとか、そういった話ではないと思います。

 

それから圧力重視の一辺倒では北朝鮮のロジックと平行線をたどったままになることは明らかで、それは我々に何も価値をもたらすことがないでしょう。北朝鮮にとって有利になるだけですね。

 

国際社会は結束して、金正恩氏と直接トップ会談をすることが出来る準備があることを示すべきだと思います。

 

そして、日本の国益を考えれば、最も早くトップ会談を実現させた方がよいでしょう。

 

外相レベルの会談ではなく、トップ同士の直接会談を実現させるようにすべきです。

 

中国の外相と北朝鮮の外相が握手している様子をネットで見ましたが、中国、北ともに小物感がスゴイですね。中国の今の外相はトップにはなれないだろうね。民進党のバカ議員を思い出した。

 

やっぱり、北朝鮮は金正恩氏が出てこないと話にならないでしょう。

 

トップが出てこないと全く話が進みませんね。

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!