日経平均予想 予想通りに反落

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。

 

ロンです。

 

本日の日経平均株価は反落でした。
強い下げでしたね。

 

マザーズは3パーセントを超える下げとなり、アベノミクスへの期待感が一気に萎んでいることを示しました。

 

遅くとも5月後半には、16000円を回復するだろうという見込みについて見直す必要があるかどうかの判断を迫られています。

 

日経平均株価の波動から未来を予測するという人はロンも含めて、間違いなく5月後半までには・・という予想をしてきた人が多いと思います。

 

しかし、大きく波動自体が動かされているようです。

 

こういう時、短期トレードがメインの人はかなり注意が必要だと考えています。

 

強烈な下げ、強烈な上げが演出されやすいのです。

 

今、日本に上昇要因は何もありません。

 

安倍政権の無能感は、演出ではなく実態だと思います。

 

日銀による緩和政策以外に結果論で言えば、何もないというのが本当のところです。
 

印象を良くするために、TPPは7合目・8合目辺りだというアナウンスはマイナスに働くとロンは予想します。

 

何もない。

 

今、リーダーの手腕が問われています。

 

このリーダー次第で、一気に状況が変わるところに既に来てしまっているとロンは分析しています。
さあ、歴史が作られるタイミングです。

 

どちらに転ぶか・・・日米両国のリーダーに託しましょう。

 

最後は信じるしかないのです。

 

そして、投資家は裏切られたときのことを考えておくことが必要となります。

 

既に裏切られている!!!という年初からNISAを始めた一般投資家の方々はアベノミクスの本質はそういうことであると気が付き始めることでしょう。

 

そうです。ここでもそうなのです。

 

ロンの日経平均予想の中心となるところは、アベノミクスの結果に関わらず、長期的未来予想としては、こういう方向に行くということです。

 

では!!

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!