日経平均予想 ゴールデンウィークからの展開

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。

 

ロンです。

 

さて、木曜日に強い下げとなった日経平均ですが、昨日は、少し反発した形となって終了しました。

 

木曜日の下げがあまりにも強かったので、直近まだその流れが続くと予想します。

 

先物は上げていますが、半値戻しを完全に達成しない限り、短期的には下げトレンドが続行中と考えておいた方がよいと思います。

 

19000円を割り込んで、18000円台にまで到達することが予想されますが、こういうタイミングは絶好の買い場だと考えています。

 

その他、政治状況を見れば、TPP関係でかなり進展しているようですが、まだインパクトのあるものが出てきていません。

 

それから、日銀の緩和効果ですが、やはりこれは以前から緩和効果が目減りしているとロンが予想していたことが少しづつ明るみに出ている証拠と思っています。

 

2年で2%という目標は達成できず、おそらく4~6年はかかるだろうとロンは考えています。
 

よって、日銀の緩和政策はまだまだ続くと思います。

 

その前にそれよりインパクトのあることが出るとすれば、TPPでしょうか。

 

TPP、これは今、多くの日本人が思っているよりも大きな変化を生むと思います。

 

因みにロンは、世界中の富が全世界に分散されるという方向になるという点においてはTPPに賛成です。
ただ、強く批判している人たちがいるように、主権の問題になるという点が残るのであれば、この点は置いておいて議論を深め、TPPという大きな物の流れの変化に蓋をしないで欲しいと思いますね。

 

日経平均は今後半年でかなり上昇するのでは・・・とロンは予想しています。

 

ただ、短期売買が中心の方々は直近少し注意する必要がありますね。

 

では!!
 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!