「日経平均株価」、「日経平均」は同じものを意味します。

 

内容は、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄(一部上場企業の銘柄)の株式のうち225銘柄を選抜し、これらの株価を元に平均株価を算出しているのです。

 

この日経平均株価は日本経済の先行きを示す指標、景気を判断する指標という社会的位置付けが確立されており、日経平均が急落または急騰すると政府要人がこれに関する見解をマスコミから求められているのは、このような背景があるためです。

 

また、毎日の経済ニュースでも、日経平均株価は取り上げられていますね。

 

さらに、世界中でも注目されている日経平均株価ですが、実はこの日経平均は日本経済新聞社という民間企業が作った指標であり、現在も同社によって対象銘柄が選定された上でこの株価が算出されています。

 

銘柄選定というと奇妙な話に聞こえるかもしれませんが、年に一度、銘柄の市場代表性を保つため、定期的な入れ替えが行われています。

 

また、上場廃止などにともなう臨時の入れ替えが発生する可能性もあります。

 

この日経平均株価の推移は日本経済の今後を予測する上でも非常に重要で、かつ、個別銘柄との間の動きの格差などをチェックする上でも非常によく使われています。また、世界中がこの日経平均の行方を見守っています。

 

よって、日経平均株価を予想をすることは相場感を養うという点でも非常に大切で、貴重な情報を得ることにつながると思います。

 

経済状況や相場状況等を元に、どのように相場がつくられているのか。

 

どのように日経平均株価が推移しているのか。

 

このような点を継続的に見ていくと、非常に大きなチャンスが巡ってくることがあるのです。

 

特に、アベノミクスが始まって以降、日経平均株価は上昇を続けています。

 

日経平均株価を予想し、しっかりとこの流れを追いかけていく。そしてそれを多くの人に共有することで、どのようにすれば知らない間に資産を目減りさせることなく資産を増やすことが出来るかという点や、どのようにすればもっと庶民の生活はよくなるかという点など、経済生活全体にもっと関心が集まるのではないかと思います。

 

人生全体の不労所得という点からも、多くの人たちに日経平均株価を意識して欲しいと思っています。

 

その上で、絶対にアベノミクスで絶対に儲けて資産を築いて欲しいと心から思います。


 

株TOP
 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース