日経平均株価については、既に説明しましたが、日経平均株価とは一部上場企業銘柄の株式のうち225銘柄の株価を元に平均株価を算出したものでした。

 

TOPIXは、東証1部上場企業全銘柄の時価総額合計を元に算出しています。

 

よって、相場状況をより正確に示すのは日経平均株価よりも、TOPIXの方になるのかもしれません。

 

また、ジャスダックインデックスとは、ジャスダック上場銘柄を対象として算出した指数となります。

 

例えば、ジャスダックインデックスが高くなり、日経平均が弱いという状況は時価総額の大きな企業よりも株価変動の大きい時価総額の小さい企業に資金が強く流れていることを示しています。

 

これらの指数をおさえて、個別銘柄の株価がこの指数の動きからどれだけ乖離しているかを把握しておけば、利益確保の確率が高い投資チャンスを見つけることも多くなるはずです。

 

短期スパンのチャートだけではなく、長期チャートも組み合わせてチェックすることで、より確実性の高い投資タイミングを選抜することが可能になります。

 

 

株TOP
 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:不動産投資、節電のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース