日常生活としての風水_仕事環境

 
スポンサーリンク
 


8千年風水
 

普段生活する時間が一番多い場所はどこですか?

 

仕事場に毎日12時間以上いる人であれば、間違いなく仕事場ということになります。

 

その仕事場をチェックしてください。

 

それは換気状態、エアコンの状態、水周り、掃除の頻度、職場内人口密度、トイレの衛生状態、高層階でないこと。

 

全てが問題ないところで仕事をしている方々は本当に幸運です。

きっと良い職場環境となっていることでしょう。

 


仕方なく全てが劣悪な環境で働いている人、働かざるをえない人もいると思います。

 

そのような人にはぜひ、自分の身の回りだけでも掃除をするように心がけて頂きたいと思います。

 

また職場環境を提供している企業側の方々は、職場環境が劣悪なものとなっていないかチェックをし、悪い環境であれば、少しでも良い職場にして欲しいと思います。

 

特にありがちなのは「職場内人口密度」が過密であり、そのためトイレ待ちが頻発するような環境は風水の観点からは非常によろしくない。

 

このような職場は、掃除も疎かになっており換気の状態も悪くエアコンは暑すぎる暖房、寒すぎる冷房となっていることが多いです。

 

また、高層階にも注意が必要です。

 

体内の水と空気が、不自然に動くことになり、こういったことに本能的に敏感な人は体調が悪くなることもあります。

 

つまり自分の部屋についても、あまり高層階すぎるところではない方がよいと考えています。

 

もっと言えば、日常生活が高いところと低いところの格差がありすぎることがよくありません。

 

北条 理弥子
 


 

【関連記事】

  ・日常生活としての風水_風水からみた最適な睡眠環境とは
  ・日常生活としての風水_キッチンに関する話
  ・日常生活としての風水_トイレ・風呂で気を付けておくべき事とは
 
【TOP】
 ・風水 HOME
 

 

関連記事:資産運用大全
関連記事:具体的に不労所得を獲得する方法
関連記事:不労所得コンテンツの人気ランキング

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!