新しい防犯時代

 
スポンサーリンク
 

時代は劇的に変化しています。

 

2000年以降、特に世の中を変えたのは情報技術でした。

 

今現在も、その進化速度が衰えることはなく、さらに加速しています。

 

その中で防犯対策も大きく改善されようとしています。その一つが防犯カメラです。

 

カメラの遠隔操作や、リモートでのリアルタイム監視の他、巨大映像情報の保存、これらの技術の個人利用化および低価格化。

 

これらは今後も加速するだろうと予想されます。

 

つまり防犯カメラは1軒屋であれば複数台、マンションであれば1階に1台そして1家族に1台と、録画容量も特に気にせずにリモート保存可能な時代になりつつあります。

 

まだまだ導入が遅れていることは確かで、価格もより低価格化が進み、また高画質、大容量化が続くと強く予想されます。

 

この傾向が続けば、空き巣被害が今後大きく減ることになります。

 

その他の犯罪についても同様です。

 

また、仮に犯罪が発生した場合でも、加害者の特定が防犯カメラにより特定されやすくなります。

 

あるエリアで犯罪が起きたとして、その時間帯付近のその周辺の防犯カメラ映像を解析して犯人確保に繋がる例は非常に多くなってきています。

 

この傾向も時間が進むほど、また小型カメラ・防犯カメラの個人利用が進むほど、顕著に表れてくるはずです。

 

今後はさらに防犯カメラ、小型カメラの普及により、個人レベルの防犯対策が強固なものになります。

 

その流れの中でデータ保存の単位容量辺り価格も、急速に安くなり、各家庭がリモートサーバに防犯カメラの映像、小型カメラの映像を24時間休むことなく保存する日はもうすぐそこまで来ているはずです。

 

新しい防犯の時代、新しいセキュリティが必要になります。

そのセキュリティ対策もきっと強固に作られていくことでしょう。

 

防犯カメラや小型カメラ、超小型カメラは、使用の仕方次第では悪用もできます。

しかし、我々の社会にとって大変有益な使用方法も当然存在するのです。

 

小型カメラの個人利用化、家庭利用化は、必ず我々の社会を一段前へ進ませることになります。

安全な社会、明るい社会の実現に向けて。

 

そして、子供たちの明るい将来のためにきっと防犯カメラを普及させたいと思います。

 

世界では、イスラム国によるテロの脅威が現実のものとなって、一般民衆を襲っている状況下であり、日本国内では外国人労働者が激増し、外国人犯罪も激増する中で、防犯カメラ設置に向けた取り組みの促進は、国家としても必須事項と考えています。

 
防犯力向上 TOP

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 




世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!