教員による暴力と体罰

 
スポンサーリンク
 

防犯力向上
 

教員による暴力、体罰を考える

教員という立場であるから、暴力は体罰として認められる。

 

体罰思想の背景には、この考えがあります。教育の一環であるという考え方です。

 

そもそも、体罰は教師のみの特権なのでしょうか?

 

そう考えると、教育的な暴力はどこまで許されて、どこからがダメなのか?

 

地域で悪い子供が悪戯をしていたから、教育的指導という意味で地域の大人が体罰を課した。

 

これも、問題ないことになり得る考え方です。それどころか、生徒の立場から、教師に問題があるとの正当な判断から教育的に先生を指導する目的で、体罰を課したという場合、これも理論上は問題ないことになり得ます。

 

教師と言っても、一人の人間。生徒の方が見識の高い状況というのは生じる可能性もあるのです。

 

このように考えると、教員による体罰は単なる暴力として否定されるべき内容であることが分かってくると思います。あらゆる暴力を否定するべきであり、問題行動を取る生徒がいる場合には学校として別の対応を取るべきでしょう。

 

仮に教師が体罰という暴力を生徒に振るった場合、これが単なる暴力であると生徒が感じた場合においては、理屈上、正当防衛が可能となります。

 

教育現場において、このような可能性を維持するべきではありません。

 

それでも体罰をする教師たち

それでも体罰を正当化する教師があることでしょう。

 

社会として国として、このような教師は単なる犯罪者であると位置付けるべきだと考えます。

 

このような教師が学校を不安定なものとし、さらに犯罪者の学校への侵入可能性を引き上げると思います。また、暴力自体に対する不感症を生じさせ、暴力的な社会を助長してしまいます。

 

暴力、体罰は完全に悪であると社会は位置付けるべきです。

 

このような取り組みが大きな犯罪抑止力にもなるはずです。防犯力は暴力を完全に遠ざけることで上昇します。

 

暴力が暴力を生む社会にしてはいけません。体罰を正当化する大人は、教師が聖職者であるという意識を持っている人が多いと思います。教師は聖職者ではありません。そのような担保は取れていないのです。

 

仮にこのような担保を取ることを考えるのであれば、子供時代から大人にかけて、聖職者としてふさわしい人物かどうかをチェックすることが求められ、さらにこれらが公開される必要があります。中身から分かることは、単なる人間だという事実のみです。聖なる人間ではないのです。

防犯力向上 TOP

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!