小室圭さんからネット業界のブランディングを考える

 
スポンサーリンク
 

不労所得マニアです。

 

私は最近、部屋にこもりっきり。

 

あたたかくなってきたのですが、空を見るとなぜが青空ではない。

 

そんな日が多かったように思います。

 

黄砂の影響でしょうか?PM2.5かな?

 

でも、今日はようやく青い空が見えます。

 

ってことで今日は少し外に出て、公園でゆっくりと過ごしたいなーなんて思っています。

 

さて、今日も朝から家でネットをしていたのですが、その時に眞子さまとの婚約報道で有名になった小室圭さんについて書かれている記事が目に入ってきました。

 

その記事では、小室さんのお父様が自殺をされていたことなどについて言及されていて、さらに、小室さんはこれまで持ち上げられてきたが、今後は色々と叩かれる記事が出てくるだろうとの見解を発信されていました。

 

この記事を読んで、不労所得マニアはふと思いました。

 

人のブランディングって、最終的には通用しないなって思ったのです。

 

ネットビジネスでは自己ブランディングをして、それを集客に利用する人たちが沢山ありますが、それって人の断面を切り取っただけで、カッコよさを盛りに盛って、本当の自分ではない自分を魅せることによって、人の目を引くという戦略が中心に来ている場合が多いです。

 

小室圭さんはこういったブランディングをしていませんが、仮にしたとしても、国民は騙されないことでしょう。

 

これが本当の人間を見る目。真実の人間だと思います。

 

 

私は、数多くの人の調査事をしたことがありますが、一般的に言えば人の人生なんて問題だらけ。だから、親の親の代まで調査すれば、問題やスキャンダルまみれという場合が圧倒的に多いと思います。

 

ネットビジネスでブランディングしてカッコよく見せている人の親の親世代にまで辿れば、それぞれに色々な問題やスキャンダルがあったことは、ほぼ間違いないものと思います。

 

でも、それが普通なのです!

 

えっ!!うちは違う!!という人でも、全く知られていない自分の家柄事情があることが多いと思います。人は家族にも打ち明けていない諸事情を沢山持っていることも多いものです。

 

皇室に関連するからという理由で、人の家柄や家族事情などを調査したり、言及するのは問題ないと思いますが、それをする前に自分の家柄や家族事情、そして自分がこれまでしてきたことを、少しはかえりみて調査してみたら?と思います。

 

小室圭さんの家柄や家族事情を取り上げて、色々な記事が書かれていますが、彼のように真っ直ぐに生きてきた人は、なかなかいないだろうと不労所得マニアは感じます。

 

アイドル時代、似非上流階級意識、偏差値信仰が本来の自分の素性、自分自身を見誤り、どこかに自分に似合う王子様がいるのではないかと空想し過ぎることになったり、他人を見誤って評価することにつながり、結婚相手がいないなどという話になる。

 

このような空想癖がネットビジネス業界ではブランディング戦略の標的になります

 

真実の人間を見ようする視点を、ネットビジネスでブランディングしている人に適用した場合、最終的にそのブランディングは虚偽的で全く通用しない。

 

一対一でしっかりと人間を見るということ。これが大切だと思います。

 

ブランディング。その裏には問題だらけの人があるだけ。だから、どういったブランディングをしているのか?そういった点についても、注意してネット業界を歩いた方が良い情報も捉えやすくなると思います。

 

小室圭さん、頑張れ!!

 

その後・・・圭さん母の恋人?事実婚相手?との借金問題浮上、、、思い。。。。

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育

 

スポンサーリンク


世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!