大暴落の足音 日経平均予想は更なる下降圧力がかかる

 
スポンサーリンク
 

こんばんは。

 

ロンです。

 

本日の日経平均は反発!!でした。

 

強い反発となり、日経は全面的に資金が入る結果となりました。

 

不動産業を中心に強く資金が流れましたが、これが反転の合図へと繋がるのでは??と考える人も多いかと思います。

 

ロンはそうは考えません。

 

一度、大掛かりな暴落。
大暴落が発生すると予想します。

 

これは、14000円を勢いよく割ってしまった段階から念頭に置いたことですが、波動はすでに壊され、上昇圧力要因が存在しない今、この流れにケジメをつけるように、一度、暴落が来ると予想しています。

 

この予想はかなり高確率で発生するとロンは分析しています。

 

よって、直近まだ上げることは当然あると思いますが、その意味は大暴落のための上昇になると考えます。

 

もし、この予想を改める場合はどのような場合か??
それは、2パターンあります。

 

5月末までに16000円を勢いよく突破する。
あるいは、6月末までに崩落がなく上昇を継続させスムーズに16500円に到達した場合。

 

この2パターンです。

 

基本的にはこの考えです。
特殊条件として、業種毎の資金の流れで明確に異常が発生した場合はその都度、アナウンスしていきます。

 

今、アベノミクス中心銘柄、不動産業・証券・銀行銘柄を中心に異常事態となっています。

 

年初からの実態は既に暴落しているということです。

 

そして、このままではないということが強く予想されます。

 

明日以降もきっちりと追いかけていきましょう。

 

では!!

 

 
スポンサーリンク
 

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

資産運用
 
節約
 
ヤフオク
 
初心者向けアフィリエイト無料基礎講座
 
SEO研究
 
ツールリスト
 
株式投資の無料基礎講座
 
システムトレードの無料基礎講座
 
日常の不労所得
 
防犯対策
 
接客マナー教育
 




ページ先頭へ

error: Content is protected !!