外注ライターさんの活用について 一歩先行くSEO対策

 
スポンサーリンク
 

外注ライターさん活用の前提

アフィリエイトをしている中で、よく聞く話題の一つに外注ライターさんへの記事作成依頼というものがあると思います。

 

不労所得マニアも実際に、一度だけ外注ライターさんに記事作成をお願いしたことがあります。

誤字などの不備はありましたが、総じて良い記事を提供して頂いたので、満足しています。

 

アフィリエイトを進めるにあたっては、手っ取り早く記事が量産できるということもあり、外注WEBライターさんへ記事作成をお願いすることを考慮に入れておいた方がよいと思います。

 

外注化して得ることになる記事は、コピペチェックツールでチェックされているかどうかも大切なポイントになると思います。

 

記事を外注する場合には、この点の担保が取れているものを提供してくれているのかどうかを確認の上、記事作成を依頼したいところです。

 

記事が出来上がった後のチェックも、もちろん欠かせません。

自分で修正した方が早いものであれば、修正は自分で行った方が効率的ですね。

 

外注ライターさん活用が示す未来

外注WEBライターさんの単価、費用は非常に安くなってきています。

 

アフィリエイトサイトの記事で使うということや、その作成者の多くが個人であり、多額の記事作成費用をかけることが出来ないという事情もあり、記事作成の最低単価は安くなり続けているように感じます。

 

ですが、この安さを維持出来ているのは、サイト作成側、つまり記事を依頼している側のサイト作成能力や、サイトからの収益化ノウハウなどが、ウェブライターさん側にはないために成り立っていると言えます。

 

これを逆に考えれば、ネット上に色々な記事が量産されて、同じようなクオリティのサイトでネットが満たされた時に、次に何が求められるかと言えば、際立ったコンテンツ品質になると思います。

 

良い記事、良いコンテンツを作れる人が力を持ち、サイト作成者を外注化していくことが十分に考えられると思うのです。

 

つまりビジネスという視点から、外注化を徹底して進めて、効率く良くやっていこうという動きばかりになっているアフィリエイターさんは、どこかで必ず壁にぶつかることになると思います。

 

やっぱり、WEBで生きていこうとするのであれば、独自性に重点を置くべきだと思います。

 

長期的な視点からも、このことが言えます。

 

妙に記事量産ばかりに目が奪われるのではなく、しっかりとした独自記事を量産することが大切だと思います。

 

独自のものだから、面白い。

独自のものだから、また見に来たいと思う。

 

たぶん、こういうことだと思うのです。

 

外注ライターさんに頼めば、平均点くらいの記事、当たり障りのないバランス感覚のある記事を得ることが出来るとは思いますが、そこには独自性が枯渇してしまうことが多い。

 

独自色はやっぱり、なかなか設計して作り出し続けることが難しいと思います。

外注でこれをやろうとした場合には、かなり良い外注さんで高単価である必要が出てくると思います。

 

ですので、外注化はしっかりとした考えをもとに活用しましょう。

 

記事量産という中で、独自化をいかに進めていくか。

 

この点を明確に考慮していくことが、一歩先行くSEO対策となりそうです。

 

そして、長期的な資産サイト、不労所得生活を支えてくれるWEBサイトを目指すのであれば、必須となる視点と言えると思います!

 

外注さんから頂いた記事を設計したサイト管理者の視点で、メンテナンスしてからアップするという習慣は欠かせないということだと思います!!

 
その他、稼ぎに直結するSEOコンテンツはこちらです。

 

 

 
スポンサーリンク
 
 
スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

不労所得生活メニュー

初心者向けアフィリエイト無料基礎講座

SEO研究

ツールリスト

株式投資の無料基礎講座

システムトレードの無料基礎講座

日常の不労所得

防犯対策
 

不労所得データーベース

不動産投資DB、節電DB
不動産投資と節電で不労所得

婚活・出会い・結婚DB
本気の婚活

不労所得型クレカDB
カードで節約、不労所得生活

保険の見直しDB
保険の見直しデーターベース

株主優待DB
株主優待検索

自己投資(学ぶ編)DB
留学と通信制高校の情報

ダイエット教材DB
美容・脱毛(男女)DB
格安航空券DB
家賃節約DB
お金を借りる方法DB

スポンサーリンク


店舗展開で不労所得

接客マナー教育

世間の注意点

情報商材購入時の注意点
情報商材購入時の注意点

洗脳脱出(学歴と年収)
学歴と年収

ページ先頭へ

error: Content is protected !!