外注ライターさんの活用について 一歩先行くSEO対策

 

外注ライターさん活用の前提

アフィリエイトをしている中で、よく聞く話題の一つに外注ライターさんへの記事作成依頼というものがあると思います。

 

不労所得マニアも実際に、一度だけ外注ライターさんに記事作成をお願いしたことがあります。

誤字などの不備はありましたが、総じて良い記事を提供して頂いたので、満足しています。

 

アフィリエイトを進めるにあたっては、手っ取り早く記事が量産できるということもあり、外注WEBライターさんへ記事作成をお願いすることを考慮に入れておいた方がよいと思います。

 

外注化して得ることになる記事は、コピペチェックツールでチェックされているかどうかも大切なポイントになると思います。

 

記事を外注する場合には、この点の担保が取れているものを提供してくれているのかどうかを確認の上、記事作成を依頼したいところです。

 

記事が出来上がった後のチェックも、もちろん欠かせません。

自分で修正した方が早いものであれば、修正は自分で行った方が効率的ですね。

 

外注ライターさん活用が示す未来

外注WEBライターさんの単価、費用は非常に安くなってきています。

 

アフィリエイトサイトの記事で使うということや、その作成者の多くが個人であり、多額の記事作成費用をかけることが出来ないという事情もあり、記事作成の最低単価は安くなり続けているように感じます。

 

ですが、この安さを維持出来ているのは、サイト作成側、つまり記事を依頼している側のサイト作成能力や、サイトからの収益化ノウハウなどが、ウェブライターさん側にはないために成り立っていると言えます。

 

これを逆に考えれば、ネット上に色々な記事が量産されて、同じようなクオリティのサイトでネットが満たされた時に、次に何が求められるかと言えば、際立ったコンテンツ品質になると思います。

 

良い記事、良いコンテンツを作れる人が力を持ち、サイト作成者を外注化していくことが十分に考えられると思うのです。

 

つまりビジネスという視点から、外注化を徹底して進めて、効率良くやっていこうという動きばかりになっているアフィリエイターさんは、どこかで必ず壁にぶつかることになると思います。

 

やっぱり、WEBで生きていこうとするのであれば、独自性に重点を置くべきだと思います。

 

長期的な視点からも、このことが言えます。

 

妙に記事量産ばかりに目が奪われるのではなく、しっかりとした独自記事を量産することが大切だと思います。

 

独自のものだから、面白い。

独自のものだから、また見に来たいと思う。

 

たぶん、こういうことだと思うのです。

 

外注ライターさんに頼めば、平均点くらいの記事、当たり障りのないバランス感覚のある記事を得ることが出来るとは思いますが、そこには独自性が枯渇してしまうことが多い。

 

独自色を設計して作り出し続けることは難しいと思います。

外注でこれをやろうとした場合には、かなり良い外注さんで高単価である必要が出てくると思います。

 

ですので、外注化はしっかりとした考えをもとに活用しましょう。

 

記事量産という中で、独自化をいかに進めていくか。

 

この点を明確に考慮していくことが、一歩先行くSEO対策となりそうです。

 

そして、長期的な資産サイト、不労所得生活を支えてくれるWEBサイトを目指すのであれば、必須となる視点と言えると思います!

 

 

外注さんから頂いた記事を設計したサイト管理者の視点で、メンテナンスしてからアップするという習慣は欠かせないということだと思います!!

その他、稼ぎに直結するSEOコンテンツはこちらです。

 

(後追記)
記事の量産という観点から、ライターさんに記事を大量に書いてもらってアップ。
これがSEOの点でも、作業の効率化の点でも、基本的に効果を発揮すると思います。
でも、記事量産ばかりに目が行きすぎて、無駄な情報、現実的ではない方法に関する情報が多くなってくるとサイト価値自体が下がってしまうので、このあたりは要注意です。
サイト訪問された読者の方に価値を届けることが大前提です。

 

(後追記2:ライターさんにお願いして記事を確保。もう今は避けるべき道。)

ライターさんに記事作成をお願いしてサイト作成。

 

ライティングをしなくて済むので多くのアフィリエイターがこれをしてますよね。

 

でも、この道ってもう止めた方が良い感じになってきました。

 

なぜなら、バイトライターさんの記事で覆われたサイトがかなり量産されてしまっているからです。

 

ウェブ上にゴミ山が出来上がっている感じ。これに対してグーグルも対策を始めた感じがします。

 

それに個人で200記事集めたとしても、それを他の人たちもやっていたら、同じようなサイトが出来るだけです。

 

それは記事数勝負だけになりやすく、サイト品質も不労所得化していくレベルのものではなくなってしまいます。

 

サイト品質が低いということです。

 

発信したい内容があって、発信しているサイトではなくて、発信したいから、記事数勝負で内容を集めている。

 

記事数確保は、お金のある方が強い。

 

個人では不利だということです。

 

仮に一時的に強さを持てたとしても、抜かれていくのは時間の問題。

 

それ以上に、そもそも全くアクセスが集まらないという結果に陥りやすい環境になっています。

 

グーグルロジックもアップデートを続けています。

 

かなり時間をかけてインデックスするようになってきています。

 

ですから、モノを動かすという当たり前の考え方を持って「お金儲け」を進めた方がアフィリエイトより断然早くて効率良く稼ぎにつながります。

 

現時点では直接的実際的に人のためになることをして対価を得る方が効率が良いです。

 

そういった実際の活動など具体的な内容のあることをサイトで発信するから面白くて読んでもらえるサイト、価値あるサイトになるということですね。

 

だから、これまでの経験で面白いコンテンツを既に持っている人は、それをサイトで整理して発信することで価値あるサイトを作ることが出来ますよね。

 

そういったものが前提にあって、サイトを整えるためにコンテンツの一部をライターさんに任せるという手を取るなら良いと思います。

 

ですが、思い入れの強いサイトは自分だけで作りたいことが多いと思います。

 

ライターさんにお願いする範囲が多くなるほど、サイトの魅力度は極端に下がる傾向があるように感じます。

 

グーグルが本格的に対策に乗り出したようで、記事コストも簡単には取り戻せない状況になりつつあります。

 

人に役立つことをする。人が喜んでくれることをする。

 

こういう当たり前のビジネス感覚、ビジネスマインドをもう一度点検すべき時期だと思います。

 

ヤフオクやメルカリなどを使った物販を考えるのも一手と思います。
ヤフオク、メルカリ、ラクマの匿名配送が匿名個人を不労所得生活へと導く
 

SEO対策TOP
 

関連記事:不労所得生活に向けて
関連記事:資産運用大全
関連DB:株式投資のデーターベース
関連DB:保険の見直しデーターベース