匿名取引のヤフオク、メルカリ、ラクマって本当に大丈夫?実際の信頼度と結論。

私が、ヤフオク、メルカリの匿名取引(匿名配送サービスを使った取引)を実際に使ってそれぞれに200回以上取引した結果をご報告いたします。

 

結論として、信頼度はかなり高い!という印象です。

 

ただし、前提条件について書いておかなければいけません。

 

それは、ヤフオクの話ですが、評価が低すぎる人は入札できないように制限をかけていました。

 

商品の出品時に「入札者評価制限」という欄があるので、そこにチェックを付けています。この制限も有効だったようです。

ヤフオクでは一度だけ落札後の支払いがかなり遅く、商品到着後の受け取り確認もしてくれなかった購入者さんがいたので、この時は入金が通常時よりも少し遅れましたが、入金自体は問題なく処理されましたね。

 

この経験からも、ヤフオク匿名配送の発送作業は「ヤフー審査中」の時にしてはいけないとの思いが強くなりました。(「ヤフー審査中」というステータスはクレジットカード支払いを落札者の方が選択して支払った場合に発生するステータスになります。)

 

私の件は、直接関係があったわけではありませんが、甘く考えているとよくないなと感じた経験でしたね。

 

リスクはやっぱりあるのです。

 

ヤフー審査中の時点で発送して、そのタイミングで仮にキャンセルされたら入金されなくなるはずです。

 

このリスクは絶対に避けましょう。自分の行動で避けることが出来るリスクです。

 

ヤフオクからも、ステータスが「受取確認待ち」の状態になってから発送するようにアナウンスされていますが、発送タイミングのコントロールが面倒で、ついつい、さっさと発送してしまおうと考えてしまうかもしれません。

 

ですが、何度もそれをしているうちに問題になるケースが出てくるかもしれません。

 

リスク回避の観点から平時より絶対に避けるようにしておきましょう。

 

そもそも、ヤフオクのシステムとして発送できないように制限をかけて欲しいなという思いは少し残っていたりますけどね。

 

メルカリでも同様に到着後の受け取り評価をしてくれないことが一度だけありましたが、メルカリ事務局さんの対応はとても早く、問題なく売上金額の確定(入金)が行われました。

 

その他、日本郵便さんで配送時のトラブルもありましたが、結果的にこれも問題なくて良かったです。

 

配送先の郵便局内で、配達先伝票を間違えて貼ってしまい、別の荷物と取り違えてしまったようです。

 

売上金額の入金、発送した商品の入金という点では、これまで一度も未収状態など致命的な問題が発生したことはないです。

 

それに引き換え、匿名配送以外を使っているであろう人たちのコメント欄を見ると、結構ビックリするような酷いコメントが書かれていたります。

 

その中には、実際の店舗を運営されている方の発信も見かけます。

 

「匿名」だからといって対応の質が低下するかといえば、そんなことはないです。

 

また、実際の店舗運営をしている方であれば、必ずしも対応の質が良いというわけではないことはヤフオクを長年使っている人は特に分かっているのではないでしょうか。

 

普通に罵り合いのようなコメントが残っているのを見ることもありますが、こういったようなコメントを私自身、もちろん書いたことはないですし、仮に大きなトラブルになったとしても書くことはないですね。

 

こういったコメントは絶対に避けるべきと思います。

 

私が購入者として取引したケースにおいても、匿名で信頼度が気になったことは一度もないです。

 

売り買い両方の立場を経験しましたが、匿名取引の方が断然良いという印象を私は持っています。

 

リアル店舗を運営されてるケースだと、買い手が実質的な匿名で、もう片方の売り手がそうではないというネット条件によって、売り手に不利な状況がネット取引では発生しやすいのかもしれません。

 

ですから、匿名取引でお互いが匿名という状況の方がトラブルも少なく、無理なことをふっかける人も少なくなるのではないでしょうか。

 

これは私が実際に匿名取引を使った率直な感想です。

 

ですので、この匿名取引はかなり価値があると思っています。

 

日本国内であれば、この環境をどこに住んでいても使うことが出来るのは非常に大きな国の価値だと思います。

 

海外移住してしまうと、この環境が使えませんね。

 

将来的には海外の主要都市からも匿名取引が出来るようになると、かなり楽しい世界になるだろうなと、思ったりしています。

 

日本国籍があることなどの条件を必須にすれば、匿名環境を世界に拡大可能になるかもしれませんね。

 

ヤフオクやメルカリ、ラクマの匿名取引を使おうかどうか、迷っている人はそういう匿名取引の将来性までも見据えて考えてはいかがでしょうか。

 

それから、ネット上で、通常のお店とお客様という関係性を取り戻すという点でも、匿名取引は役割を果たしていると思います。

 

可能性としてですが、一方的なわがままを通すために買い手側が「何で匿名なの?」という思いを持つケースもあるのではないでしょうか。

 

この可能性がもしあるなら、匿名取引を使っていく価値はかなり大きいのではないでしょうか。

 

実際に匿名取引をした結果として、私はそんな印象を持ちましたし、これはかなり的を射た見方ではないかと今もそう思っています。

 

ですが、今のところ出品者にとって匿名取引は良いことばかりではないと思います。

 

たとえば、こちらでも記事にしましたが、郵便局で細々としたことを必要以上じゃないの?と強く感じるほどにイチイチ聞かれたことがある人もいると思います。

ヤフオク、メルカリ、ラクマ、郵便局で中身をかなり聞かれる

全体数から言えば、少ないと思いますが、そういった場面に遭遇することもあると思います。

 

ヤマトさんでも特定の配達形態だと現場ではあからさまに嫌な顔をされる場合があるようです。

 

都会よりも地方や田舎の方がより強烈なケースが出ているようですね。

 

そこで色々と嫌な思いを経験している人もいるようですが、匿名取引の環境はそんなところで終わる小さな価値ではないと思います!

 

もっと先を見据えて、どんどん利用していきましょう!

 

時代遅れの人が匿名取引の先進的な環境を理解して納得して受け入れることが出来るまでには、まだ時間がかかるだけだと思います。

 

気にせずにいきましょう!

 

コンビニや携帯電話ショップも、はじめのころは本当にヒドイ接客のお店もあったと思います。

 

もちろん、今もどこかにあるのだと思いますが、匿名取引もまだまだ黎明期。ある程度仕方ない部分もあるのでしょう。

 

問題が出てくるかもしれませんが、その都度しっかりと対応していければいいなと思っています。

 

それに、結果として特に大きなトラブルもなく、私はうまくいっているので、匿名取引を使おうか、使わないでいくか迷っているようであれば、一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

伝票もゆうプリタッチ等で自動発行されるし、本当に楽ですけどねぇ。

 

関連記事:ヤフオク、メルカリ、ラクマの匿名配送が匿名個人を不労所得生活へと導く
関連DB:物販・転売系教材データーベース